H30別子小・中学校日記

【小・中学生の交流】おにごっこ

前回の総合的な学習の時間で、中学生が話し合った小・中学生の交流についての
アイデアを実現するために、各学年で具体的な活動内容を決めました。

そして、この日の昼休みの時間を使って、中学生が考えた遊びを
小学生と一緒になって楽しみました。

 


この日誕生日を迎えた小学生にお祝いのダンスを中学生が
披露するところからスタートし、早速みんなの笑顔が弾けていました。

 

遊びは「ふえおに」で鬼にタッチされるとどんどん鬼が増えていく
鬼ごっこです。
小学生は必死になって鬼から逃げ、それを中学生が助ける場面あり、
中学生を追い詰める小学生のがんばりありと、
年齢に差はあれども、みんなが一緒に楽しむことができました。

 

 

小学生のみんなに楽しんでもらおうと企画したことでしたが、
実は中学生の方が楽しんでいたようにも見えました。

本校の小・中学生は普段同じ校舎で学ぶ仲間たちです。
こういった機会を通して今まで以上に小学生と中学生の距離が
縮まったのではないでしょうか。


今後もこういった交流の場を生徒たちが考えて企画していきます。
次回はどういったことをしていくのでしょうか。楽しみです。

少年式

 

少年の日を迎え、本校でも少年式が行われました。

 

式では、中学2年生6名が『誓いの言葉』を発表しました。

それぞれが「自覚」「立志」「健康」を軸に、自分自身と向き合い、

これからどんな自分になりたいかについて、真剣に考えたことを

自分の言葉でしっかりと伝えることができました。

 

式後は、記念行事として餅つきを行いました。

地域の方や保護者の方にお手伝いしていただき、紅白の餅を作りました。

お手伝いをしていただいたおかげで、手際よく楽しく作業することができました。

ありがとうございました。

 

昼食時には、小学生からお祝いのメダルが手渡され、

中学1・3年生や先生方からお祝いの言葉をいただきました。

とても感動的で、充実した、少年式となりました。

 

少年式や記念行事では、全員の一生懸命な思いが伝わりました。

中学2年生の皆さんが、今日をまた新たな一歩を踏み出す日とし、

さらなる成長を見せてくれることを願います。

 

 

【道徳の時間】性的マイノリティについて考える

現在2年生は、道徳の時間を通して、性的マイノリティ(LGBT)についての
学習を進めています。

 

この日は、基礎的な知識を学びました。
聞いたことのある言葉について正確な内容を理解することができたり、
初めて見聞きする言葉を知ったりと真剣な態度で授業に臨んでいました。

来週以降もこのテーマについて考えることで、自分の心に向き合いながら、
すべての人が自分に誇りをもち、自分らしく生きていける共生社会の
実現に向けて、さらに考え続けていきます。

【立志寮】第10回寮生会

第10回寮生会が行われました。
寮生会とは、寮生全員による話合い活動です。


今月から寮生の代表者である寮長・副寮長が3年生から2年生に代わりました。
今回は、新寮長・副寮長による最初の寮生会となりました。
議題は、「新入生の受け入れについて」でした。

この議題は、来年度市街地から新入生の寮生活を少しでも
サポートしたいという思いから設定されました。
ここでは、すべての寮生によって様々なアイデアを出しあいました。

 

新寮長の司会のもと、アイデアを付箋紙に書き、ホワイトボードに
貼り付けて、各学年からアイデアの詳しい説明をしました。

その後、アイデアを組み合わせたり、発展させたりしながら
アイデアを整理して、まとめていきました。

大変活発な話合いができ、授業で学んでいる「話合い活動」が
生かされていました。


次回の寮生会で、このアイデアを実現するために、さらに内容を具体化して、
役割分担を決めていきます。
卒業を控える3年生も含めて、すべての寮生で新入寮生受け入れの準備を進めています。

調理実習

 

6・7校時に、公民館の調理室をお借りして、

2年生が調理実習を行いました。

メニューは、鮭のムニエル、卵スープ、ほうれん草のソテー、粉吹き芋です。

これまで家庭科の授業で、調理計画をし、

自分たちで材料を買ってきました。

2年生一人一人が、自分の仕事をしっかりと行い、

一生懸命、最後まで料理をしました。

最後は、出来上がった料理を実際に食べてみました。