H30別子小・中学校日記

学年末テスト(2日目)

今日は、テスト2日目です。

昨日に引き続き、みんな一生懸命にテストに取り組んでいます。

テストが終わると、多くの生徒がほっとしたような表情を浮かべていました。

今日は、寮生活を送っている生徒は、昼過ぎのバスで帰省します。
テストは残すところ、あと1日です。
土日によい準備をして、最終日に力を出し切れるようにしましょう。

 

バスから手を振る生徒たちは、いつも笑顔が弾けています!

別子にも春が少しずつ近づいてきています。

学年末テスト(1日目)

今日から中学1,2年生では、学年末テストが始まりました。
(3年生は実力テストになります。)
1年間の学習がどれほど身についたでしょうか。

この日のために家庭や寮でテスト勉強を重ねてきた中学生たちは、
みんな真剣な顔つきでテストに臨んでいました。

テストの合間の休み時間には、次の教科に向けての
準備をしています。
みんな、がんばれ!

全校朝礼(表彰伝達)

全校朝礼を行い、小・中学生の様々な成果に対して表彰を行いました。

表彰は次の通りです。
 ○環境美化コンクール(中) ○人権作文(中)

 ○えひめこども美術展(小・中)

 ○新居浜こども美術展(小・中)

 ○えひめっこピカイチ大賞(小・中)

 ○多読賞(小・中)

 ○小中学年別卓球大会(中)

 

 今回は数多くの表彰がありました。
小学生と中学生が一緒に表彰されるのは、本校ならではですね。

児童・生徒ががんばってきたことが、成果となって表れた喜びを
みんなで共有できることが素晴らしいですね。
受賞したみなさん、おめでとう!

【立志寮】仲間の一善(寮生日誌より)

立志寮で生活している寮生たちは、毎日「寮生日誌」に
1日の生活を振り返って、生活の様子や気づいたことを記録しています。

その中に「仲間の一善」という欄があります。
ここには、その日見つけた他の寮生の善い行動を書き込みます。
そして、毎月の寮生会で、全員の一善をプリントにまとめてみんなで共有しています。

自分の善い行動について、寮の仲間が書いてくれていると、みんな照れながらも
嬉しそうな表情になり、それを共有している時間は、とても温かい雰囲気に包まれます。


今回はそのほんの一例を紹介します。
「Sさんが、休憩時間にもきちんと時計を見ていて、時間がきたら声をかけていた!
見習いたいです!」
「Mさんが、荷物を2階まで上げてくれ、優しい声をかけてくれた。ありがとうございます。」
「夕食のときTさんはすぐに自分の食べ物を準備した後、皆のお茶も注いでいる。
ほぼ毎日だ。・・・・すごい!」


これを続けていることで、仲間の善い行動を見つけようとしたり、
さりげなく人を助けたりする行動が着実に増えてきています。
人は誰だって、褒められたら嬉しいものですね。

【立志寮】第11回寮生会

今月の寮生会が立志寮にて開かれました。
「寮生会」とは、寮生全員による話合い活動です。
今回は、寮長・副寮長が2年生に交代して2回目の寮生会になります。
この日の話合いのテーマは、前回に引き続き「新入生の受け入れについて」でした。

前回は、新入生の受け入れで、どのようなことができるかについて
アイデアを出しあいましたが、今回は、そのアイデアを具体化して、
どのように準備を進めるかについて
話し合いました。

今回の話し合いは、みんなの議論が煮詰まってしまったり、
企画のイメージにずれが生まれてしまったりして、寮長も副寮長も
司会の難しさを実感するものとなりました。

それでも、みんなでフォローしながら、なんとか一つの企画を
実行に向けて進めていくことになりました。


寮生たちは、建設的な話し合いにより、よりよい考えを創り上げるためには、
何が大切なのかについて考えながら、多くのことを学んでいっています。
この経験は、大人になってからもとても大切な力になりますね。