2019年12月の記事一覧

2学期 終業式

本日、2学期の終業式を行いました。
昨日まで体調を崩していた生徒もいましたが、この日は全員が無事に式に
参加することができました。

事前に表彰の伝達があり、2年生の一人が表彰を受けました。


その後、中学校各学年の代表生徒が2学期を振り返って得たことについて発表しました。
どの生徒も自分自身の成果や課題をしっかりと捉えて、堂々とした姿で決意を述べていました。

続いて小学生も2学期の成果について発表しました。
大きな声で元気よく、大変立派でした。


終業式では、校長先生のお話を聞きながら、改めて2学期を振り返ったり、
冬休みや3学期への決意を新たにしたりしており、みんな引き締まった表情でした。


明日から冬休みになります。
児童・生徒ともに家庭での時間を充実したものにしてください。
3学期の始業式では、全員の元気な姿が見られることを楽しみにしています。

【立志寮】1日English Day(寮生企画)

12月18日立志寮では、寮生発案による企画で『1日English Day』を行いました。
この企画は、15名の寮生が寮生活を充実させるための企画をプレゼンし、投票した結果、
見事に得票数1位となり、実現した企画です。
内容は、1日限定で寮の中での会話をすべて英語でやってみよう!というものです。
わからなくても「なんとかする」をスローガンにして、挑戦しました。

この企画は、事前に予告することなく、突然開催されるということで、
ビックリしている寮生もいましたが、始まってしまえばやるしかないと、
みんな一生懸命に会話していました。

夕食時には、「冬休みのプラン」というテーマが与えられ、今ある英語力を駆使し、
一生懸命に会話していました。1年生はとまどいながらですが、ジェスチャーを交えながら
必死に伝えようとしていました。

そして、この日はALTによる英語講座もありましたので、まさにオールEnglish。
いつも以上に盛り上がった英語講座になっていました。

翌朝の登校をもって、この企画は終了になりましたが、最後は、寮の玄関のホワイトボードに
英語で一言メッセージを書いて、登校していきました。

またやりたいという声が多かったので、次の開催までにさらに英語力を磨いておこう!

学校運営協議会 開催

12月19日(木)別子校区学校運営協議会が開かれました。

2学期の取組の報告や学校評価からの今後の課題、防災についての意見交換などが主な議題内容でした。

委員の皆様からは、「子どもたちが地域に出向き、活動の場を広げてくれているのが嬉しい。」「ホームページを更新してくれることで、学校の様子がよくわかる。」といったご意見をいただきました。

また、今後の課題として、地域、保護者、学校が協力して防災について学ぶことを確認し、具体化することを確認しました。

委員の皆様、お忙しい中、ありがとうございました。

今年度初積雪です

2学期最後の週、別子で今年度初めての積雪でした。

屋根や山の木々には雪がたくさんついています。

道路にも結構な深さで積もっており、

先生方は通勤が大変です。

【中学校】生徒会役員選挙

生徒会役員選挙の立会演説会と投票を行いました。
この日までの約1週間、立候補者たちはそれぞれが主張することを公報にまとめたり、
各クラスをまわって演説をしたりしながら訴えを続けてきました。

この日の立会演説会で、それぞれがやりたいと思っていることを熱のこもった演説で
伝えていました。

どの候補者も、これまでの生徒会の取組をさらに発展させたり、
全く新しい取組を考え出したりしており、大変期待の持てる立ち居振る舞いでした。


その後、投票が行われ、翌日には生徒会長及び、生活委員長、環境委員長が決定しました。
これから仕事内容についての引き継ぎが行われ、年明けの3学期から新生徒会役員が
本格的に動き出します。

生徒会役員が全校生徒のリーダーとして引っ張り、そして全校生徒は自分たちが選んだリーダーを支える関係で、これからの別子小・中学校を作り上げてほしいと思います。

2学期全校英語

  We had a special English class in the 6th period on December 18th. It became one of the exciting events held at the end of the 2nd term to show our progress to each other.

  The goal for the class was to improve our English skills by helping each other positively.  We were all achieved this goal for sure!

 

 The grade 1 students introduced someone they like. 

 The grade 2 students made a speech on what we can do to give the earth a future.

 The grade 3 students talked about the most important thing to them.

 Every performance was great and well-prepared.

 

 All the students enjoyed some activities such as the 3-hint quiz, vocal excercises by R-L Oniisan , singing a song, impromputu 1-minute chats and group work. The topics for 1-minute chats were a little harder but everyone tried hard to achieve today's goal by following the eight rules: smile, positive, energy, active, reaction, passion, challenge, and SPR !

 

 

【小学校】おもちゃランドを開いたよ

低学年の児童は生活科の時間に見つけた秋の風物を使っておもちゃを作成しました。

そしておもちゃランドを開き、別子保育園の園児や三年生を招待しました。

司会や遊び方の説明をみんなで分担し、責任をもって活動できました。

また年下の友だちにも優しく接することもできました。

三年生はミッションを与えられ、一つ一つミッションをクリアすることにも

楽しさを感じていました。

今回のおもちゃランドも子どもたちの笑顔が溢れ、良い交流ができました。

【小・中交流】構成的グループエンカウンター

小・中学校の児童・生徒に加え、今回は教職員も参加して、
構成的グループエンカウンター(SGE)を行いました。

この活動は、交流体験を通して、お互いの本音や価値観を知り、自己発見・他者発見をしていくものです。

はじめに、SGEの目的のおさらい、その後、全員との握手をして、お互いの距離を縮めました。

今回のエクササイズは、『ビーイングカード』というもので、「こんな大人になりたい」
というテーマでの小グループの対話です。

児童・生徒同士の交流の中に大人である教職員も混じることで、いつもとは少し
違った関係で対話ができていました。

真剣に人の話を聴いたり、一生懸命に自分の考えを伝えたり、
みんなで笑顔になったり、拍手したりしながら、今まで気付かなかった
自分や相手の一面を感じているようでした。

最後は、シェアリングで、活動を通して感じたことや気付いたことを発表しました。
他者の言葉を聞いて、改めて自分らしさを実感できたり、自分の考えを深めたりして、
大人も子どももなく、お互いの「らしさ」を認め合う活動になりました。

これからも小・中学校の交流を進めていきます。

「働く人に学ぶ」講座【木材加工等】(中学1年)

別子木材センターへお邪魔して、「働く人に学ぶ」講座を行いました。

別子山産の木材を使用した木材加工や、

愛媛県特産の「さくらひめ」の栽培など、

様々な仕事を行っていました。

本校で使用している机の天板も、ここで作られました。

愛媛県産、別子産の木材や花が、たくさんの人に喜ばれるようにという思いを込めて仕事をされていた皆さんからたくさんのことを学べた時間でした。

【中学校】瀬戸内工進曲 観劇

13日に、坊っちゃん劇場でミュージカル『瀬戸内工進曲』を観てきました。

新居浜が舞台で、主人公 伊田清吉さんが、恋と自分の将来の夢に揺れ動く中、仕事に真剣に向き合う父の背中を見て自分が歩むべき道を見つけていくというストーリーでした。

イモさん役の吉田さんの熱演に涙を流した人もいましたね。

舞台を初めて見て感動した人やミュージカルの面白さに心惹かれた人も多くいました。

最後に記念撮影もしていただき、心に残る一日になりました。