2019年11月の記事一覧

【小・中】学習成果発表会(産業文化祭)

別子校区産業文化祭に合わせて、小・中学校の学習成果発表会を行いました。

体育館には、中学校の各教科での成果物が並べられ、日頃の学習活動の成果に
の一部を見ていただきました。

ステージ発表では

初めに、3年生の5名が旧別子の歴史について英語を使って発表しました。

 

続いて、今年の夏に新居浜市のアメリカ訪問団の一員としてアメリカの
ウィスコンシン州を訪れた3名の生徒が、アメリカでの体験を通して感じたことなどをスライドを使って、説明しました。


この訪問を通して、心身ともに大きく成長できたようです。

続いては、小・中学校児童生徒による校歌の三部合唱です。
斉唱とはまた異なる厚みのある合唱になりました。


小学生は、『きらきら星』を様々な楽器を使ってアレンジして演奏しました。

 

中学生の合唱では、『君の隣にいたいから』と『群青』を披露しました。


人数は決して多いとは言えませんが、全員がとてもよい表情で歌っており、
人数以上の厚みと力強さがありました。
多くの方の心を揺さぶる合唱で、聴いて涙する方もいらっしゃいました。

 

ステージ発表の最後は、児童・生徒全員による『新居浜勇太鼓』の演奏です。

勇太鼓は、卒業した先輩の代からで引き継いできました。

中学生は、生徒同士で教え合いながら練習してきた成果を発揮しました。
児童・生徒全員で力強い演技を披露しました。
また、大きな太鼓の音と掛け声で迫力のある演奏でした。
昨年度の卒業生も後輩たちの成長ぶりに大きな刺激を受けているようでした。

すべての発表が終わった後の児童・生徒たちの表情には、
充実感があふれていて、観ている人たちに大きな感動を届けることができましたね。
本当にすばらしい時間でした。

 

ここで午前の部(学習成果発表会)は終了し、午後からは児童・生徒たちは、
別子山産業文化祭に参加しました。

(※産業文化祭の様子は、また後日アップします。)

 

ステージ発表の後に、

県P連、市P連が主催の『台風15号・19号で被災された方への募金活動』へのご協力をお願いしたところ、多くの方にご協力いただきました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

野菜をいただきました

 別子小・中学校の北側に大きなけやきがあります。毎年、この時期になると運動場は落ち葉でいっぱいです。毎朝の清掃で落ち葉を集めます。その落ち葉を腐葉土にして畑の肥料にしたいと地域の方から申し出があり、昨年度から差し上げています。今日は、そのお礼として、その畑でできた野菜をたくさんいただきました。昼食や寮の食事でいただきます。

ありがとうございました。

 

 

【小学校】逆上がり補助具を直してもらったよ

地域にある別子木材センターと中学校の技術科の先生の

ご協力で、劣化していた逆上がり補助具を木材で

きれいに作り直していただきました。

子どもたちは、鉄棒に積極的に取り組むようになり、

逆上がりにもチャレンジしています。

逆上がり補助具を使い、自分の力で回りたいと言いながら、

取り組む姿も見ることができました。

感謝の気持ちを持ちながら大切に使っていきたいと思います

 

【立志寮】第16回寮生会

10月31日(木)第16回寮生会を開きました。

今回は副寮長が司会し、話し合いをリードしていきました。
はじめに、先月行われた「寮生活を充実させる企画プレゼン大会」の結果発表を
行いました。
1~3年生すべての寮生のアイデアをプレゼンして、全員による投票の結果、
見事、2年生が提案した企画が優勝しました。

企画は、「1日 English Day」というものです。
ある決められた1日の寮生活をすべて英語でやってみようというものです。
結果発表後、寮生全員で具体的にどんな準備をしたらよいか、
もっとこうしたら充実したものになるなどの意見交換がされました。

寮生たちによる企画で、寮を充実したものにしていくこの取組。
実施されるのが楽しみですね!
もちろん、この企画以外にも実現できるものはやっていきます。

その後は、恒例の「仲間の一善」を紹介しました。
今月も寮生一人一人の善いところを、みんなで共有していきました。

今日はみんなで話し合ったことで、もともとの企画にさらによいアイデアが加わり、
どんどんよくなっていきました!
みんな話し合いが上手になってきていますね。

【小・中学校】校内マラソン大会

 11月1日(金)に別子小・中学校の校内マラソン大会を行いました。

この日は、爽やかな秋晴れで、風もなく絶好のマラソン日和となりました。
児童・生徒たちは、この日のために朝や体育の時間を使って、走り込みを行って、
準備をしてきました。

全員が自己ベストを目指して、一斉にスタートを切りました。

小学生チームも元気いっぱい!
そして、先導には、別子山駐在所の協力も得て、安全に走ることができました。

マラソンには、児童・生徒に加え、地域の方や教職員、ALTも参加し、
子どもたちに負けじと力走していました。

 

 

沿道から応援してくださる方もいて、声援を力に変えて、
多くの子どもたちが自己ベストを更新することができました。

苦しそうな表情も見せていた児童・生徒たちも閉会式では、
充実感があふれる表情を見せていました。
立志寮には、ホワイトボードに手書きの応援メッセージもあり、
パワーをもらいましたね。

さぁ、来年はどんなドラマが待っているでしょうか。