2019年7月の記事一覧

【立志寮】別子山地域に学ぶ

1学期の最終週だった7月17日、立志寮では別子山の活性化に取り組んでいる
地域の方から、「別子山の未来を考える会」について紹介していただきました。

講師の方は、普段、立志寮の管理人をされている方です。
寮生たちにとって身近な存在である方から直接、地域のことについて話が聞け、
今まで知らなかったことや、知ってはいたけれど自分事にはなっていなかったことなどが
たくさんあったようでした。

「良い地域には、良い学校があり、良い学校があるところには、良い地域がある」
今や学校は地域とともにあるものです。

市街地から寮生活を送っている別子中学校の生徒たちは、
別子山の人間でもあります。

みんなにとって、大切になりつつある別子山を、地域の方とともに
考えていくよい機会になったのではないでしょうか。

夏休みの部活動【卓球部】

卓球部は夏休みも別子小・中体育館で練習をしています。

主将や2年生が率先して部を引っ張り、体育館に声が響きます。

空いた時間を利用して、自主練習をする人もいます。

先日の大会では、3名が県大会出場を決めたました。

新人戦に向けて、「あいさつで勝ち、マナーで勝ち、競技で勝つ」をモットーにがんばっています。

 

アメリカ訪問団 壮行会

本校から3名の生徒が、新居浜市の中学生国際交流事業(海外派遣)アメリカ訪問団員に選ばれました。その壮行会を7月19日に行いました。それぞれが日本語と英語両方で決意を述べました。

2年生からの激励の言葉も、もちろん英語も交えています。

きっと今頃別子中生3名は、別子中学校で鍛えた英語の力を現地で発揮していると信じています。

Good luck with your EBD !!

  

離任式(ALT)

7月19日は、1学期の終業式と同時に3年間別子小・中学校で
勤務されたALTの離任式でもありました。

アメリカから来られた先生は、別子山に在住し、授業以外でも
児童・生徒たちのために多くの力を貸してくださいました。
中学生は、普段の英語の授業を始め、英検学習やスピーチでのアドバイス、
また立志寮での英会話など、あげればきりがありません。

 

また、小学生たちも一緒にプールに入ったり、外で遊んだり、
歌を歌ったりと楽しい時間をたくさん過ごしました。

今では別子山に住む地域の一員として、地域の方々からも愛されています。

この日で学校での勤務を終え、8月の学校と地域の行事である「魚つかみ大会」を
最後に別子山を離れます。


本当に寂しいですが、別子山に来てくれてありがとうございました。

  

【小学校】休み時間の様子

小学校の休み時間にはいろいろな遊びをして

過ごしています。

この日は雨だったこともあり、積み木をして遊びました。

空き箱や積み木を使い、想像力豊かに

積み上げ、楽しそうに遊んでいました。

最後にはすてきな笑顔と出来上がったものとの

写真も撮って満足そうでした。

 

1学期 終業式

本日、1学期の終業式を行いました。
小・中学生の各学年代表が1学期を振り返っての振り返りやこれからの決意を
全校生徒の前で堂々と話しました。

どの児童生徒も自分自身について深く顧みたうえで、これからの目標を
力強く語っており、その姿にこの1学期での成長を感じることができました。

その後、校長先生からのお話や校歌合唱を行いました。


また、始業式の前には表彰伝達が行われました。
一生懸命に取り組んだことが成果となって表れるのは、誇らしいことですね。
みんなで受賞を喜びあえることは素晴らしいことですし、
拍手をおくっている人にも大きな刺激となったことでしょう。

この日で1学期が終わりました。
これから夏休みとなります。
児童生徒のみなさんにとって、有意義なものにしてほしいと思います。

【小学校】ありがとう会をしたよ

一学期最後にALTへのありがとう会を含めた

英語の活動をしました。

今日のテーマは「動物」でした。

色々な動物の発音をし、そのモノマネをしました。

ライオンやカンガルーなどもモノマネをし

小学校に小さな可愛い動物園ができたようでした。

その後、出会ってじゃんけんポンをしました。

とても楽しそうに活動しました。

ALTが絵本を読んでくれたり、ギターを弾きながら

歌も歌ってくれました。

そしてALTと過ごした日々のビデオを見て、

ありがとう会をしました。

本当に小学生にも優しく接してくださり

感謝しています。

子ども達も感謝を伝え、ハグをしてお別れをしました。

二学期からも頑張りましょう。

 

学校運営協議会 開催

7月18日(木)に、令和元年度第1回学校運営協議会が開催されました。

令和元年度4月からの学校の取組を知っていただき、今後の活動についてのご意見をいただきました。

子どもたちの様子や学習内容等も知っていただく良い機会となりました。今後も学校・地域・保護者がパートナーとして連携、共働することを確認しました。委員の皆様、ありがとうございました。

【小学校・中学校】茶道を学んだよ

三時間目に講師の先生をお招きし、小学生と中学一年生と中学二組が

茶道を学びました。

掛軸の意味やお茶の点て方や作法を教えていただきました。

子どもたちは、普段お茶を学ぶ機会が少ないため

真剣に取り組み、茶道に親しむことができました。

次回は二学期に行われる予定なのでとても楽しみです。

【小中交流】構成的グループエンカウンター

7月16日、小中学生の交流で構成的グループエンカウンターを実施しました。

今回のエクササイズは、「みんなの絵」でした。
児童・生徒が大きな白いキャンバスに雑誌やポスターなどから
切り取ったキャラクターや風景など自由に張り合わせていくものです。
今回つくる作品は「未来の絵」というテーマが与えられ、一人一人が
自由なイメージを想像していました。

作業は無言で行うというルールがあるので、
みんなは、アイコンタクトやゼスチャーを織り交ぜながら、
様々なイメージを形にしていきました。


作品が出来上がってからのシェアリングでは、
お互いに気になったところを発表した後、それを作成した児童・生徒が
作品を作った時の思いを語るなどして、お互いのイメージを共有しました。
自分の世界を表現して、他人の世界を知るというのは、おもしろいことですね。

これで1学期のグループエンカウンターは終了です。
この活動の目的である、「ふれあい」と「自他発見」がみんなできたかな。