【第2回立志寮講座】青年海外協力隊について

この日の寮の夕食後、別子中学校の教諭で数年前まで青年海外協力隊の隊員として、
モルディブに派遣されていた教員による講座を行いました。
テーマは「青年海外協力隊について」で、モルディブでの生活や隊員としての活動について
写真や映像を使いながら話をしてくれました。

寮生たちは、日本とは違う現地の話に驚きの連続でした
現地の言語を学んだり、地図や写真を基にモルディブの人たちの生活に触れたりしながら
実体験の話を聴くことで充実した時間となりました。
とてもいい顔をして、話を聴いています。

講座の最後には、他人を理解しようとすることや家族のこと、スポーツの大切さを
寮生たちは感じ取っていました。
受講後の感想には、「モルディブに行ってみたい。」「相手との距離を縮める大切さが
わかった。」「青年海外協力隊でアフリカに行きたい。」などの声が書かれていました。

今後も様々な視点から学びを深められるような立志寮講座を続けていきます。