【小・中】学習成果発表会(産業文化祭)

別子校区産業文化祭に合わせて、小・中学校の学習成果発表会を行いました。

体育館には、中学校の各教科での成果物が並べられ、日頃の学習活動の成果に
の一部を見ていただきました。

ステージ発表では

初めに、3年生の5名が旧別子の歴史について英語を使って発表しました。

 

続いて、今年の夏に新居浜市のアメリカ訪問団の一員としてアメリカの
ウィスコンシン州を訪れた3名の生徒が、アメリカでの体験を通して感じたことなどをスライドを使って、説明しました。


この訪問を通して、心身ともに大きく成長できたようです。

続いては、小・中学校児童生徒による校歌の三部合唱です。
斉唱とはまた異なる厚みのある合唱になりました。


小学生は、『きらきら星』を様々な楽器を使ってアレンジして演奏しました。

 

中学生の合唱では、『君の隣にいたいから』と『群青』を披露しました。


人数は決して多いとは言えませんが、全員がとてもよい表情で歌っており、
人数以上の厚みと力強さがありました。
多くの方の心を揺さぶる合唱で、聴いて涙する方もいらっしゃいました。

 

ステージ発表の最後は、児童・生徒全員による『新居浜勇太鼓』の演奏です。

勇太鼓は、卒業した先輩の代からで引き継いできました。

中学生は、生徒同士で教え合いながら練習してきた成果を発揮しました。
児童・生徒全員で力強い演技を披露しました。
また、大きな太鼓の音と掛け声で迫力のある演奏でした。
昨年度の卒業生も後輩たちの成長ぶりに大きな刺激を受けているようでした。

すべての発表が終わった後の児童・生徒たちの表情には、
充実感があふれていて、観ている人たちに大きな感動を届けることができましたね。
本当にすばらしい時間でした。

 

ここで午前の部(学習成果発表会)は終了し、午後からは児童・生徒たちは、
別子山産業文化祭に参加しました。

(※産業文化祭の様子は、また後日アップします。)

 

ステージ発表の後に、

県P連、市P連が主催の『台風15号・19号で被災された方への募金活動』へのご協力をお願いしたところ、多くの方にご協力いただきました。

ありがとうございました。