【立志寮】第19回寮生会

 2月20日の夜に立志寮にて第19回寮生会を行いました。
(寮生会とは、寮の自治活動の一つで、寮生による話合い活動です。)

まずは、前回の話合いで決めたことによる成果と課題を確認しました。
自分たちでルールを決めたり、ルールをなくしたりしながら、
個人として、集団として自立に向かって成長している姿が見られます。

今日の話合いのテーマは、
「新入生を迎えるにあたって、先輩として何を伝えていきたいか。」
でした。

3年生にとっては、最後の寮生会になったため、退寮する前に、
3年生の寮に対する思いや願いを後輩たちに一生懸命伝えていました。

各学年からは、
 「自分たち自身のことを知ってほしい。」
 「寮生で決めたルールやマナーについて、そのときの思いも含めて伝えたい。」
 「立志寮という名前の意味」
 「先輩後輩や助けてくれる方々との温かいつながり」
 「楽しいことや大変だったこと」
などが出されました。

話合いを進めていくうちに、
 「卒業生たちの姿を寮の歴史や伝統として、
伝えていきたい。」
という考えも出てきました。

 

 次回の3月の寮生会では、ここで出た考えを具体的に「どのように伝えていくのか。」
について残った1,2年生で話し合って、4月から新入生を迎えようとしています。

2年生の新しい寮長・副寮長が立派に寮生会を仕切っています。
3年生たちが作った伝統は、こうして後輩たちに引き継がれていきます。
新入生のみなさん、先輩たちが立志寮で待っていますね。