【小中交流】構成的グループエンカウンター

7月16日、小中学生の交流で構成的グループエンカウンターを実施しました。

今回のエクササイズは、「みんなの絵」でした。
児童・生徒が大きな白いキャンバスに雑誌やポスターなどから
切り取ったキャラクターや風景など自由に張り合わせていくものです。
今回つくる作品は「未来の絵」というテーマが与えられ、一人一人が
自由なイメージを想像していました。

作業は無言で行うというルールがあるので、
みんなは、アイコンタクトやゼスチャーを織り交ぜながら、
様々なイメージを形にしていきました。


作品が出来上がってからのシェアリングでは、
お互いに気になったところを発表した後、それを作成した児童・生徒が
作品を作った時の思いを語るなどして、お互いのイメージを共有しました。
自分の世界を表現して、他人の世界を知るというのは、おもしろいことですね。

これで1学期のグループエンカウンターは終了です。
この活動の目的である、「ふれあい」と「自他発見」がみんなできたかな。