【中学校】少年の日(午後の部)

2月4日に少年の日を迎えた中学2年生は、午前中に式典や記念の「餅つき」を終え、
午後の活動を行いました。

まずは、出来上がったお餅を日ごろお世話になっている地域の方々や他の児童・生徒に
配りに行きました。

いつも温かく支えてくださっていることへの感謝を伝えることができました。

教室に戻ってからは、事前に撮っておいたクラスメイトへのメッセージ動画を見た後、
今度は将来の自分に向けてのメッセージを撮影しました。
大人になった自分がこの動画を見て、どう感じるのか楽しみですね。

この日の最後は、保護者からの手紙を生徒に渡しました。
中には、じっと手紙を見続けていたり、笑顔になったり、涙を流したりして、
5人それぞれが親からの気持ちをしっかりと受け取っているようでした。

少年の日という一つの節目の日に、生徒はこれまでの自分自身を見つめることができた
だけでなく、多くの方々に支えられていることにも改めて気付くことができました。
これからも生徒たちは、「自覚・立志・健康」を胸に、大人への道を歩み続けます。