【立志寮】月の観察

この日(11日)の夜は、別子山の空にきれいな満月が輝きました。
(厳密に言うと翌日が満月のようですが、見た目には、ほぼ満月でした。)
市街地から見える月に比べて、空気が澄んでいるためか
光の強さが非常に強く感じられます。

そこで、立志寮にある天体望遠鏡を使って、月の観察に臨みました。


寮生の中には、宇宙に興味があり、個人でも天体望遠鏡を持っている
生徒がおり、その生徒がレンズやピントの調整を行いました。

レンズを覗き込むと、月の表面の形までが見えるようになり、
それを見た寮生たちは、歓声を上げていました。

これは別子山で生活をしているからこそ見えるとっておきの景色です。
またチャンスがあれば、今度は満天の星空の観察に挑戦したいですね!