愛媛の未来をひらく少年の主張大会

9月7日(日)愛媛県生涯学習センター 県民小劇場ホールで、「愛媛の未来をひらく少年の主張大会」が開催されました。県内の中学生から募集した作文の中から、原稿審査された10名がそれぞれの主張を堂々と述べました。

本校からも1名が選ばれ、立派に弁論を述べました.。昨年12月に行われた別子山ファンクラブ設立大会に参加したときに、「過疎化が進む別子山地区の未来を地域の方と一緒に考えたい」と思い、行事や生徒会活動を通して自分にできることを聴衆に語りかけました。会場からも大きな拍手をいただき、夏休みから練習してきた成果が発揮されたものとなりました。