R1別子小・中学校日記

【小学校】四季の植物講座をしたよ

小学生は、四季の植物講座として地域の方に講師をお願いして学習しました。

今回のテーマは、きのこ学習と「秋」の植物についてです。

きのこ学習では、今年度の四月に菌打ちを行った「しいたけ」のお世話でした。

原木の様子の観察を行ったり、原木の向きを変えたりしました。

原木にはしいたけの成長に大切な菌がついていることも確認できました。

今後のしいたけの成長が楽しみです。

 

「秋」の植物については、地域散策を行いながら、学校付近の植物を中心に

学習しました。別子の歴史を踏まえながら、植物のことだけでなく、

エクロジャイトや校内にある蛇紋岩という珍しい鉱物についても

学習しました。

子どもたちは、今まで生活してきた別子の自然に触れながら学習することで

より別子のことに興味をもち、もっと知りたいと思うようになっていました。

 

「税の作文・標語」優秀作品表彰

11月25日(月)新居浜税務署長様が来校され、本校の生徒が夏休みに作成した「税の作文」「税に関する標語」の表彰

をしてくださいました。作文は新居浜税務署長賞を、標語は全国間税会総連合会賞を頂きました。自分たちに身近に関わる税について考え、作ったものです。

おめでとうございます。

 

 

 

【小学校】角野小学校交流会をしたよ

先日、小学生4名は角野小学校と交流をしました。

一年生は、音楽会に向けて合奏の練習をしていました。

練習にも参加させていただき、打楽器を演奏することができました。

一日の学校生活を共に過ごすことで、新しいお友達と楽しく活動することができました。

二年生は、音楽会練習の鑑賞をし、大人数での演奏を肌で感じ、感動していました。

授業では国語科や算数科、生活科、体育科をし、ペア学習やグループ活動など

普段できない体験をすることができました。

三年生は、社会科見学に行きました。午前中は東部工業団地や登り道商店街を見学し、お昼は、中央公園でみんなでお弁当を食べました。午後はハタダ工場を見学しました。集団行動や聞いたことをメモをとるなど、たくさんの体験をし学習することができました。

 

新居浜市中学校音楽発表会

11月19日 市民文化センターにて新居浜市中学校音楽発表会が行われました。

2学期の間練習してきた「新居浜勇太鼓」を演奏しました。

ホール全体に響き渡る、良い演奏でした。

【小・中】別子校区産業文化祭

11月10日に別子校区産業文化祭が行われました。

学校の向かいにある「ふるさと館」では、地域の方を中心に別子で作られた野菜やお餅などを
販売し、生徒をはじめ、多くの方で賑わっていました。

 また、公民館では、別子小・中学校の児童・生徒の美術作品や技術科や家庭科の時間で製作したもの、
書写作品などが展示され、別子山の地域の方々の作品とともに多くの方に観ていただくことができました。

 その他、別子山で取れた植物を使って飾りを作ったり、観葉植物を植えたりして、
みんな楽しい時間を過ごしました。

地域と共に行事に取り組むことで、人のつながりや温かみを感じているようでした。
また、来年が楽しみですね!

【小学校】租税教室をしたよ

税務署の方をお招きし、租税教室を行いました。

難しい内容でしたが、DVDでは、税金がなくなると私たちの社会がどのように変化するのかを

勉強することができました。

また、講師の先生には、税金の中でも子どもたちに一番身近であると考えられる

消費税を中心に、おもちゃのお金を用いて教えてもらいました。

子どもたちの感想には、「税金はみんなが笑顔になるお金だとわかった」や

「税金のことをもっと知りたい」などあり、税金に興味をもつことができました。

 

坂出発電所見学

中学生全員で坂出発電所見学に行きました。

発電方法についての説明や普段は見ることができない内部の見学など、充実した見学でした。

午後からは時間があったので、金刀比羅宮(通称 こんぴらさん)へ参拝しました。

【立志寮】月の観察

この日(11日)の夜は、別子山の空にきれいな満月が輝きました。
(厳密に言うと翌日が満月のようですが、見た目には、ほぼ満月でした。)
市街地から見える月に比べて、空気が澄んでいるためか
光の強さが非常に強く感じられます。

そこで、立志寮にある天体望遠鏡を使って、月の観察に臨みました。


寮生の中には、宇宙に興味があり、個人でも天体望遠鏡を持っている
生徒がおり、その生徒がレンズやピントの調整を行いました。

レンズを覗き込むと、月の表面の形までが見えるようになり、
それを見た寮生たちは、歓声を上げていました。

これは別子山で生活をしているからこそ見えるとっておきの景色です。
またチャンスがあれば、今度は満天の星空の観察に挑戦したいですね!

【中3年1組】柿の収穫体験!

地域の方のご厚意で、3年1組の生徒が柿の収穫体験をさせていただきました。

高いところになる柿を獲るために、テクニックが必要です。

長い竹を使って枝を器用にひねって、実を落とします。ですのでチームワークも必要です。

時間が経つにつれて、コツをつかむことができ、夢中になって柿を獲り続けました。

大変充実した時間を過ごすことができました。

機会を与えてくださった地域の方に感謝いたします。

 

 

【小・中】学習成果発表会(産業文化祭)

別子校区産業文化祭に合わせて、小・中学校の学習成果発表会を行いました。

体育館には、中学校の各教科での成果物が並べられ、日頃の学習活動の成果に
の一部を見ていただきました。

ステージ発表では

初めに、3年生の5名が旧別子の歴史について英語を使って発表しました。

 

続いて、今年の夏に新居浜市のアメリカ訪問団の一員としてアメリカの
ウィスコンシン州を訪れた3名の生徒が、アメリカでの体験を通して感じたことなどをスライドを使って、説明しました。


この訪問を通して、心身ともに大きく成長できたようです。

続いては、小・中学校児童生徒による校歌の三部合唱です。
斉唱とはまた異なる厚みのある合唱になりました。


小学生は、『きらきら星』を様々な楽器を使ってアレンジして演奏しました。

 

中学生の合唱では、『君の隣にいたいから』と『群青』を披露しました。


人数は決して多いとは言えませんが、全員がとてもよい表情で歌っており、
人数以上の厚みと力強さがありました。
多くの方の心を揺さぶる合唱で、聴いて涙する方もいらっしゃいました。

 

ステージ発表の最後は、児童・生徒全員による『新居浜勇太鼓』の演奏です。

勇太鼓は、卒業した先輩の代からで引き継いできました。

中学生は、生徒同士で教え合いながら練習してきた成果を発揮しました。
児童・生徒全員で力強い演技を披露しました。
また、大きな太鼓の音と掛け声で迫力のある演奏でした。
昨年度の卒業生も後輩たちの成長ぶりに大きな刺激を受けているようでした。

すべての発表が終わった後の児童・生徒たちの表情には、
充実感があふれていて、観ている人たちに大きな感動を届けることができましたね。
本当にすばらしい時間でした。

 

ここで午前の部(学習成果発表会)は終了し、午後からは児童・生徒たちは、
別子山産業文化祭に参加しました。

(※産業文化祭の様子は、また後日アップします。)

 

ステージ発表の後に、

県P連、市P連が主催の『台風15号・19号で被災された方への募金活動』へのご協力をお願いしたところ、多くの方にご協力いただきました。

ありがとうございました。