R1別子小・中学校日記

【小学校】角野小学校と交流学習をしたよ

1月28日(火)に角野小学校と三回目の交流学習をしました。

子どもたちは回を重ねるごとに友だちが増え、

交流する楽しみが増していました。                   

今回の交流では、低学年は昔遊びを通して交流をしました。

地域の方に、竹馬・竹とんぼ・コマ回しのコツを教えていただき、

多くの友だちと竹とんぼをとばしたり、コマがまわせるようになったりと

とても楽しい時間になりました。

 

二年生は生活科と国語と音楽をしました。

生活科と国語ではみんなの前で発表することができ、

自信がもてたようでした。その後の音楽でも、

友だちと顔を見合わせながら歌うことができ、

友だちとコミュニケーションをとりながら楽器にも触れることができました。

 

三年生は、国語と算数と理科をしました。

どの活動も活発に取り組むことができました。

国語科で、音訓カルタを作成し、電子黒板に作ったものを写してもらい、

みんなに紹介されたことが特にうれしかったようでした。 

今年度の三回の交流で子どもたちは、

普段の学校生活ではできない経験ができ、

とても充実した時間が過ごせました。

子ども同士も「学年上がってもまた会おうね」とお別れをして

来年度の交流もとても楽しみにしているようでした。 

【第2回立志寮講座】青年海外協力隊について

この日の寮の夕食後、別子中学校の教諭で数年前まで青年海外協力隊の隊員として、
モルディブに派遣されていた教員による講座を行いました。
テーマは「青年海外協力隊について」で、モルディブでの生活や隊員としての活動について
写真や映像を使いながら話をしてくれました。

寮生たちは、日本とは違う現地の話に驚きの連続でした
現地の言語を学んだり、地図や写真を基にモルディブの人たちの生活に触れたりしながら
実体験の話を聴くことで充実した時間となりました。
とてもいい顔をして、話を聴いています。

講座の最後には、他人を理解しようとすることや家族のこと、スポーツの大切さを
寮生たちは感じ取っていました。
受講後の感想には、「モルディブに行ってみたい。」「相手との距離を縮める大切さが
わかった。」「青年海外協力隊でアフリカに行きたい。」などの声が書かれていました。

今後も様々な視点から学びを深められるような立志寮講座を続けていきます。

【中2】国際理解講座(総合的な学習の時間)

中学2年生を対象に別子山の地域の方を講師としてお招きして、
国際理解について学ぶ講座を行いました。

この方は、今から50年ほど前にヨーロッパでの登山を目的に
船で日本を出発し、約7ヶ月をかけてアジア、アフリカ、ヨーロッパを
旅した経験を生徒たちに話してくださいました。

 授業では、世界地図を広げて、旅のルートを確認したり、立ち寄った地域や
様々な国籍をもった方々との出会いや交流についてのエピソードを聞いたりしながら、
生徒たちは、驚きの表情を何度も見せていました。

特にヨーロッパのマッターホルンに登頂するときのお話では、
4000mを超える雪や氷の山を登っていくスケールの大きさに圧倒されていました。
実際に当時使用していた道具なども紹介してくださいました。

また、生徒たちは、この登頂という目標を叶えるために努力してきたことを聞き、
自分の生き方をも考える機会にもなったようでした。

 

今後も地域の方と交流する機会を積極的につくっていきます。
本校は地域の皆さんに本当に支えられています。
ありがとうございました。

【小学校】凧をあげたよ

生活科の授業で、凧作りをしました。

凧の骨組みにはストローや竹ひごを使い、ビニール袋を用いて

凧を作りました。

作業は、二人組を作り協力して頑張っていました。

出来上がった凧を運動場であげました。

想像以上に高く上がり、子どもたちはうれしそうでした。

また、子どもたちは凧を上手にあげるコツも考えることもできました。

今後もたくさん昔遊びをして、様々な体験をしていきたいと思います。

 

【中学校】合唱練習スタート!

今日から少年式に向けた昼休みの合唱練習がスタートしました。
各教室で伴奏を聴きながら、みんなで練習をしています。

曲は、『僕のこと』(Mrs.GREEN APPLE)です。

まだまだ音程や歌詞があいまいなところもありますが、
これから練習を重ねて、歌声に磨きをかけていきます。

少年式は、2月4日(火)です。
その時には、全員の息の合った合唱を披露します。

【中学校】週末の1コマ

週末を迎えたこの日の4時間目は、中学校のどの学年もそれぞれの学級で活動を行っていました。

1年生は、進路学習の一環で働く大人から学んだことをタブレットを使って、
まとめる作業を行っていました。

2年生は、2月の少年の日に向けて、自分たちがどんな企画を実行するかについて
電子黒板を使って、話合い活動を行っていました。

3年生は、学年末テストや入試が近づいてきていることもあり、学習計画を立てたり、面接の練習をしたりして、自分の進路を実現するために一人一人努力していました。


暖冬傾向もあり、窓から雪が見えない珍しい今年の別子山ですが、
生徒たちは、自分のやるべきことに日々向き合って、今日も前進しています。

旧ホームページの日記

旧ホームページが4月で削除されてしまうので、日記を移動させました。

2011年10月からの日記です。下図の場所からご覧ください。

なお、移動の都合上すべてPDFファイルとなっております。ご了承ください。

【卓球部】全国選抜中学校卓球大会(新居浜地区予選)

1月13日(月)に男女卓球部は、全国選抜中学校卓球大会に参加しました。
男女ともに東予地区大会への出場は叶いませんでしたが、
2年生がリードしてチームを引っ張り、1年生もここにきて急成長を遂げ、
どの試合も熱戦が展開されました。

生徒たちはこの大会で得た手応えや悔しさを糧にして
日々の練習に取り組んでいきます。

引き続き別子中学校卓球部への応援をよろしくお願いします。

3学期 始業式・生徒会役員任命式

3学期の始業式を行いました。
小・中学校の児童・生徒の全員が元気に登校して、
気持ちのよい3学期のスタートを切ることができました。

校長先生のお話を真剣な表情で聴き、校歌を合唱した後に、
中学校各学年の代表者3名と小学生が冬休みの思い出や3学期の決意を発表しました。

どの児童・生徒も自分の課題に向き合いながら、新たな決意を胸に
前進しようとする気持ちが伝わってきました。


また、人権作文の表彰伝達も行いました。


その後、生徒会役員の退任式及び、任命式を行いました。
12月まで学校のリーダーとして活躍してきた3年生の生徒会役員が
これまでの活動を振り返って、手応えや感謝の言葉を発表しました。

さらに、2年生の新生徒会役員が任命書を手渡されたのち、
新生徒会長が役員を代表して、決意の言葉を述べました。

これまでの生徒会が積み上げてきたことに、新たなエネルギーが加わり、
よりよい別子小・中学校になっていくことが楽しみです。

 

この3学期、中学3年生は進路選択、中学2年生は学校のリーダー、中学1年生は中堅学年として、小学生はさらに素敵な小学生になることを目指して悔いのない3か月を過ごしてほしいです。

2020年 謹賀新年

新年あけましてあめでとうございます。
本年
も児童・生徒、地域、保護者の皆さまと一緒に「チーム別子」で歩んでいきたいと思います。

 

また、ホームページに新聞やテレビで取材していただいたことを紹介しています。
トップページの上段のメニュー「新聞・テレビ等」からご覧ください。
今後、新たな新聞掲載やテレビ報道等を決まり次第、お知らせいたします。
お楽しみに。

本年もよろしくお願いいたします。

令和二年 元日