H30別子小・中学校日記

伊方原子力発電所見学会【中学3年生】

校外学習として、伊方原子力発電所の見学に行きました。

ビジターハウスで説明を受けた後、原子力発電所の構内を見学しました。

(セキュリティーの関係で、写真はありません)

生活に欠かせない電力について、深く学習しました。

【新居浜市中学生弁論大会】第二席受賞!!

新居浜市中学生弁論大会で、本校から出場した3年生の佐薙悠甫さんが
見事に第二席を受賞しました。

学校代表に決まってからこの日まで、悪天候での休校によって
練習時間がなかなか確保できない中でも、地道に練習を積み重ね、
大会本番では、堂々と自分の主張を伝えることができました。

努力の成果ですね、本当におめでとう!

臨時休業日の寮生活

本日も大雨警報が続いております。
昨日の午前中の臨時休業に続き、本日は休業日となりました。

寮生たちは、立志寮で1日を過ごすことになりました。

この日は、全員で集まって自習したり、お互いにわからないことを教えあったり、
寮に来た教師に個別で教えてもらったりしており、いつもとは少し違う
雰囲気の中で落ち着いた生活を送っていました。

<7月4日(午前)の様子【午前中は休業でした】>

<7月5日(木)の様子>

1日も早く天候が回復しますように。

平成30年度 青少年健全育成標語 

 

本校の中学生2名の標語作品が、優秀賞と佳作に選ばれました。

 

優秀賞 『つなぎ合う 笑顔とあいさつ 心のバトン』  2年  中山 美侑

佳作  『手を結ぼう みんな主役の 新居浜市』    1年  藤澤 百香

 

なお、優秀賞を受賞した中山さんは6月29日に行われた授賞式に参加しました。

 

この授賞式で中山さんは、標語に込めた思いを

「この標語は、心のこもった挨拶をすると自然に笑顔になることを思いだし、

作りました。挨拶をすると自分だけでなく、相手の人も気持ちがよくなり

笑顔になります。私は、そんなさわやかな挨拶を心がけ、バトンでパスするように

思いをつなげていきたいと思っています。」

と、しっかりと伝えていました。

 

これらの標語に込められた思いが多くの人に伝わり、笑顔とあいさつがあふれる学校となり、

様々な舞台で皆が活躍できることを願っています。