H30別子小・中学校日記

【小・中学生の交流】紙芝居の読み聞かせ

小中学生の交流の一環として、この日は中学3年生が小学生に
紙芝居の読み聞かせを行いました。

この日までに練習を重ねた中学3年生が、感情表現豊かに
丁寧に紙芝居を読んでいきました。
ときにはゆっくりと柔らかい口調で、ときには鬼になりきった
力強い口調で行うなど、工夫を凝らした読み方ができていました。
そんな3年生の姿に、小学校の先生も「さすが3年生!」の一言。

物語の世界に入り込んだ小学生たちは、脇目もふれず
紙芝居に見入っていました。
読み聞かせのあと、小学生たちは口々に「楽しかった!」と
嬉しそうに言っている姿が印象的でした。


ここ最近、生徒が考えた小・中学生の交流企画が
大変充実してきており、小学生にとっても、中学生にとっても
楽しみながら学べる有意義な時間になっています。

日常生活の中で、次第に中学生から小学生への声の掛け方も
変化してきているように感じます。

【中学1年生】働く人に学ぶ講座

現在中学1年生では、総合的な学習の時間の進路学習の一環として、
「働く人に学ぶ」講座を設け、職業観を広げようと取り組んでいます。

この日は、新居浜市役所別子山支所を訪問し、支所長さんや職員の方々を
講師として、仕事の内容をはじめ、仕事の喜びや苦労などについて
お話をしていただきました。

生徒たちは、メモをとりながら話を聞き、ときには
質問を織り交ぜながら自分たちの疑問を解決させていくことができました。


講師の方からは、「みなさんが、別子山に来て学んでいるこの3年間は、
貴重な機会なので、ぜひ人とのつながりを大切にして頑張ってほしい」
という言葉をいただきました。

この講座で生徒たちは、別子山地区を支える支所としての仕事の大切さに加え、
働くことの意義ややりがいにも触れることができました。
別子山支所の皆様、本当にありがとうございました。

【小・中学生の交流】一緒に給食を食べよう

いつもは隣のテーブルで食べている小学生と中学生ですが、
今日は、中学生のアイデアで、小学生と同じテーブルで給食をいただきました。

食事をしながら、中学生が小学生に好きな食べ物をたずねたり、
今度何して遊ぶかを
相談したりと温かい時間が流れていました。

 

 

また、小学生の前では苦手なものも平気な顔をして頑張って食べていたり、
時間に間に合うように食べようとしていたりと、
かっこ悪いところは見せられない、お兄さんお姉さんのプライドも見え隠れしていました。

【小・中学生の交流】おにごっこ

前回の総合的な学習の時間で、中学生が話し合った小・中学生の交流についての
アイデアを実現するために、各学年で具体的な活動内容を決めました。

そして、この日の昼休みの時間を使って、中学生が考えた遊びを
小学生と一緒になって楽しみました。

 


この日誕生日を迎えた小学生にお祝いのダンスを中学生が
披露するところからスタートし、早速みんなの笑顔が弾けていました。

 

遊びは「ふえおに」で鬼にタッチされるとどんどん鬼が増えていく
鬼ごっこです。
小学生は必死になって鬼から逃げ、それを中学生が助ける場面あり、
中学生を追い詰める小学生のがんばりありと、
年齢に差はあれども、みんなが一緒に楽しむことができました。

 

 

小学生のみんなに楽しんでもらおうと企画したことでしたが、
実は中学生の方が楽しんでいたようにも見えました。

本校の小・中学生は普段同じ校舎で学ぶ仲間たちです。
こういった機会を通して今まで以上に小学生と中学生の距離が
縮まったのではないでしょうか。


今後もこういった交流の場を生徒たちが考えて企画していきます。
次回はどういったことをしていくのでしょうか。楽しみです。

少年式

 

少年の日を迎え、本校でも少年式が行われました。

 

式では、中学2年生6名が『誓いの言葉』を発表しました。

それぞれが「自覚」「立志」「健康」を軸に、自分自身と向き合い、

これからどんな自分になりたいかについて、真剣に考えたことを

自分の言葉でしっかりと伝えることができました。

 

式後は、記念行事として餅つきを行いました。

地域の方や保護者の方にお手伝いしていただき、紅白の餅を作りました。

お手伝いをしていただいたおかげで、手際よく楽しく作業することができました。

ありがとうございました。

 

昼食時には、小学生からお祝いのメダルが手渡され、

中学1・3年生や先生方からお祝いの言葉をいただきました。

とても感動的で、充実した、少年式となりました。

 

少年式や記念行事では、全員の一生懸命な思いが伝わりました。

中学2年生の皆さんが、今日をまた新たな一歩を踏み出す日とし、

さらなる成長を見せてくれることを願います。

 

 

【道徳の時間】性的マイノリティについて考える

現在2年生は、道徳の時間を通して、性的マイノリティ(LGBT)についての
学習を進めています。

 

この日は、基礎的な知識を学びました。
聞いたことのある言葉について正確な内容を理解することができたり、
初めて見聞きする言葉を知ったりと真剣な態度で授業に臨んでいました。

来週以降もこのテーマについて考えることで、自分の心に向き合いながら、
すべての人が自分に誇りをもち、自分らしく生きていける共生社会の
実現に向けて、さらに考え続けていきます。

【立志寮】第10回寮生会

第10回寮生会が行われました。
寮生会とは、寮生全員による話合い活動です。


今月から寮生の代表者である寮長・副寮長が3年生から2年生に代わりました。
今回は、新寮長・副寮長による最初の寮生会となりました。
議題は、「新入生の受け入れについて」でした。

この議題は、来年度市街地から新入生の寮生活を少しでも
サポートしたいという思いから設定されました。
ここでは、すべての寮生によって様々なアイデアを出しあいました。

 

新寮長の司会のもと、アイデアを付箋紙に書き、ホワイトボードに
貼り付けて、各学年からアイデアの詳しい説明をしました。

その後、アイデアを組み合わせたり、発展させたりしながら
アイデアを整理して、まとめていきました。

大変活発な話合いができ、授業で学んでいる「話合い活動」が
生かされていました。


次回の寮生会で、このアイデアを実現するために、さらに内容を具体化して、
役割分担を決めていきます。
卒業を控える3年生も含めて、すべての寮生で新入寮生受け入れの準備を進めています。

調理実習

 

6・7校時に、公民館の調理室をお借りして、

2年生が調理実習を行いました。

メニューは、鮭のムニエル、卵スープ、ほうれん草のソテー、粉吹き芋です。

これまで家庭科の授業で、調理計画をし、

自分たちで材料を買ってきました。

2年生一人一人が、自分の仕事をしっかりと行い、

一生懸命、最後まで料理をしました。

最後は、出来上がった料理を実際に食べてみました。

 

雪遊び

今年は暖冬の影響もあり、例年に比べて積雪が少ない別子山地区ですが、
この週末で積雪があり、本日月曜日も雪が残っていました。

真っ白になった運動場で小学生が元気に
今年初めての雪遊びをしました。

雪合戦に雪だるまづくり、そして、雪に飛び込んだり、
寝そべってみたり・・・

楽しい時間を過ごしました!

 

 

話し合い活動

現在、本校中学校生徒は、話合い活動に力を入れて取り組んでいます。
様々な議題で、小グループで話し合ったことを全体で共有した後、
質疑応答などを行い、よりよい方法や考え方を全員で作りあげていく活動です。

ときには司会や書記の役割を担い、建設的で活発な議論ができるように
練習を重ねています。

第1回では、「中学校の生徒会活動の活性化について」
第2回では、「別子山地域の方々とのかかわりを強くするために」
について話合いを行いました。

これからも練習を重ね、他者との対話を通して発展的な議論ができるようにして、
課題解決する力を身に付けてほしいものです。

えひめジョブチャレンジU-15フェスタin東予

 

 丹原文化会館で行われた

『えひめジョブチャレンジU-15フェスタin東予』に

本校の中学2年1組の生徒が参加しました。

 

到着後、会場のロビーでは、県内の職業科がある県立高等学校5校が

ポスターセッションを行っていました。

高校生が実際に制作したものや、学校説明のポスターなどが展示されており、

時には実際に高校生の話を聞いて、興味深そうに見学していました。

参加した一人一人が、高等学校がどういうところか、

自分はどういう学校に行きたいかなど、考えるきっかけになりました。

 

代表校の成果発表を見て、自分たちも職場体験学習を行ったときに感じた、

感謝することやコミュニケーション能力、笑顔や一生懸命さの大切さを、

多くの人が感じたことがわかり、これからの生活でも忘れないようにしようと

改めて思いました。

株式会社ハラプレックス代表取締役社長の原さんの講演では、

これからの自分の人生について、様々な角度から考え、

進路選択をしなければいけないということがわかりました。

 

また、休憩時間を使って『君たちはどう生きるか~一言メッセージ~』を書きました。

これから、自分がどんな生き方をしたいか、真剣に考えていました。

ほかの中学校の生徒のメッセージも読みながら、

「生きる」ということに思いめぐらせることができました。

 

生徒会役員任命式

始業式の後、中学校では生徒会役員任命式が行われました。

 

2学期まで学校を引っ張ってきた3年生の生徒会役員一人一人が

生徒会役員の活動を通して得られた経験やみんなへの感謝の言葉を

伝えました。

 

それを受けて、新生徒会の会長がこれからの1年に向けての

抱負を語りました。

 

 

今日から新しい生徒会がスタートします。

始めのうちは、苦労することも多いかもしれません。

しかし、初心を忘れずに新役員の持ち味を大いに発揮して

新しい別子中学校の歴史をつくっていくことを期待しています。

 

3学期 始業式

3学期の初日を迎え、始業式が行われました。

始業式には、体調不良などで欠席となってしまった生徒が数名いたものの

出席した生徒たちの表情からは、冬休みに充実した生活を感じさせる

明るい表情が多かったです。

 

始業式では、校長先生からの式辞があり、そこでは俳句と詩が紹介されました。

 うれしさにはつ夢いふてしまひけり  正岡子規

 夢をもとう 大きな夢を 神さまさえ びっくりするような夢を  坂村真民

 

この句や詩を受けて児童生徒たちは、どんな1年にしていくのでしょうか。

 

その後、中学生の各学年代表者と小学生の児童全員が

冬休みの思い出や3学期の決意を力強く発表しました。

 

また、表彰も行われ、表彰者に対して大きな拍手が湧き起こりました。

 

3学期もみんなが成長するしていく姿が楽しみです。

 

2学期 終業式

本日、2学期の終業式を終えました。

終業式の前には2学期の表彰伝達を行いました。2学期の児童・生徒たちの活躍が光ります。

その後、各学年の代表生徒や小学校の児童全員が、2学期の思い出や成果、

冬休みの意気込みなどを発表しました。

 

 

校長先生の式辞では、児童・生徒の2学期の成長についてのお話もありました。

 

明日から2週間ほどの冬休みに入ります。

家庭での時間を大切にしながら、有意義な時間を過ごし、

全員が元気な姿で、3学期のスタートを切れることを楽しみにしています。

【立志寮】寮生発案「お楽しみレクリエーション」

放課後に寮生活をする15名で、「お楽しみレクリエーション」を行いました。
この企画は、9月に立志寮で開催した、寮生による“お楽しみアイデアコンテスト”の結果、
得票数1位を獲得した企画で、3年生の1人が発案した「Let's 2本先取!」というものです。
3つのゲームを3チーム対抗で行い、2ゲーム先取したチームが優勝となります。


1~3年生までが混合で3チームに分かれて、ジェスチャーゲームなどを行いました。

3年生5名がゲームの進行役となりました。
どのゲームも大きな盛り上がりを見せ、笑いの絶えない時間となりました。

日常の生活では、見ることができないような他の寮生の一面を見ることができ、
さらに仲間意識が強くなっているようでした。


2学期の寮生活も一区切りで冬休みに入ります。
立志寮はこれから、3年生の卒業と新1年生の受け入れに向けて準備を進めていきます。

【生徒会】生徒会役員選挙

平成31年期 生徒会役員選挙が行われました。
2年生の立候補者が立会演説会に臨んだのち、全校生徒による投票が行われ、
新生徒会役員の3名が決定しました。

この日までに立候補者は、よりよい別子中の実現に向けての公約をまとめ、
各学級で主張するなどの選挙活動を行ってきました。

3学期からは新生徒会役員を中心に生徒会活動がスタートします。
新役員の皆さんは、公約を実現できるようにリーダーシップをとって、
がんばってほしいと思います。

 

交通規制についてのお知らせ

別子小・中学校に来校する際、新居浜から県道47号線を通ることになります。現在、2カ所で工事を行っています。

工事① 新居浜側から登り、清滝トンネルから5分程度走行したところ(日曜はなし)

  通行可 ~8:30  9:15~9:45   12:15~13:30    16:15~

     上記以外は 毎時15分 ~30分

工事② 別子ダム近辺(日曜はなし)

  通行可 ~9:00  12:00~13:10  17:00~

    上記以外は  毎時00分 ~10分

①②の工事が、重なることはありません。どちらの工事をしているかは、山根グランド道沿いの看板に書かれています。

週の初めに書き直されるようです。気をつけて来校ください。

武道(剣道)の授業も終盤です

 特別講師をお招きしての剣道の授業も、応用技の練習を終え、試合形式へと進んでいます。武道の精神である礼節を重んじ、相手に尊敬の念を持ちながら、地稽古に取り組んでいます。体育館には、気合いのこもった声が響いています。

さくらひめと木のカレンダーいただきました

 別子木材センター様から、「さくらひめ」と2019年カレンダーをいただきました。

「さくらひめ」は、デルフィニウムの新品種で、別子木材センターで苗を育てています。学校には、ピンク色に咲いた「さくらひめ」をいただきました。手をかけて育ててくださった「さくらひめ」は、とても可憐で、見ていると心が落ち着いてきます。学校の至る所に飾っています。

2019年カレンダーは、ケヤキの端材で作ってくださっています。とても良い香りがします。各学級に置かせてもらいます。

木材センターの皆様、心のこもった贈り物をありがとうございました。

 

 

 

清水焼 届きました

 中学2年生が修学旅行先の京都で制作した清水焼が届きました。

ろくろを回し作った世界で一つだけの作品です。それぞれに良さがあります。

お茶を飲む度、修学旅行のことを思い出すのでしょうね。

大切に使ってください。