カテゴリ:学校より

学校保健委員会

 9月20日(金)に学校保健委員会を開催しました。
学校保健員会では、本校生徒が直面する健康課題の解決や健康づくりを
学校や家庭、地域社会との結びつきながら推進していきます。

今回は、視力の低下を改善しようと正しい姿勢について体験的に学習しました。
ピラティスを指導されている講師の先生をお招きして、小中学校の児童生徒
と保護者の方々が一緒に取り組みました。

まずは体のしくみについてのお話を聞きました。それからエクササイズを開始しました。まず、体の状態をゆるめていきました。次に、ローラーでころころと転がっています。また、正しい立ち姿勢や座り姿勢を実際に体験しながら、さらにさまざまな
動きに挑戦していきました。

小学生たちも一生懸命です。
保護者の方々も慣れない動きに悪戦苦闘です。

講話や実技が終わった後の授業では、みんな姿勢がきれいでした!
講師の先生には、私たちのために別子小・中学校までお越しいただきました。
ありがとうございました。

子どものころからよい姿勢が作れるということは、これからの長い人生で
本当に重要なことです。

今回の体験から、自分の姿勢や健康について考えるきっかけにしてほしいです。