カテゴリ:学校より

【小・中学生の交流】みんなで輪くぐり

3月13日、3年生も加わった最後の小・中学生の交流が行われました。

今回は、構成的グループエンカウンターという手法を使って、
「みんなで輪くぐり」という活動をしました。

構成的グループエンカウンターでは、「ふれあい」と「自他発見」を
目的としており、活動を通して感じた気持ちをみんなで共有して、
自分や他者のことについて気づきを得るというものです。

 

最初にリチュアル(恒例儀式)で全員と握手をします。
このあたりからみんな笑顔が広がります。

 

続いて、エクササイズ「みんなで輪くぐり」をしました。
最初は少人数から始まり、最後は全員で手をつないだままフラフープを
くぐる活動です。

 

最後にシェアリング(気持ちの共有)です。
ホワイトボードの気持ちのカードを参考に、活動で感じた素直な
気持ちを全員で共有しました。

みんなで輪になって、「ありがとうございました。」 と言って、
活動を締めくくりました。
また一歩、みんなとの距離が縮まりましたね。