カテゴリ:学校より

離任式

今年度は4名の先生方とお別れです。小・中学校の卒業生した中学3年生、小学6年生も来てくれました。

別子小・中学校のために、力を尽くしてくださった先生方、本当にありがとうございました。

修了式

本日、修了式が行われました。

式の前には、3学期の表彰を行いました。
英語検定の取得で7名が表彰されました。
 
1年生の4名が3級取得、1名が準2級取得
2年生の2名が準2級を取得しました。

 

「地域の絆づくり運動」作文の部で1年生が最優秀賞を
受賞しました。

みんな素晴らしい成果でした。


また、各学年の児童・生徒の代表者が1年間の反省と
今後の決意発表を行いました。



修了式では、児童・生徒に修了証が授与されました。


修了式後の学級活動では、この1年間を振り返ったり、
通知表をもらったりしながら、この学年での最後の時間を
過ごしました。

バスでは笑顔いっぱいの表情で帰宅していきました。

 

みんな、1年間本当によく頑張りました。
4月に晴れやかな表情で会えるのを楽しみにしています。

【小・中学生の交流】絵本の読み聞かせ(中2)

今回の小学生への絵本の読み聞かせは、中学2年生の女子チームと
男子チームがそれぞれで行いました。

 

女子チームが選んだ絵本は、
「りんごかもしれない」(ヨシタケシンスケ著)でした。
絵本を読み聞かせながら、小学生との対話を取り入れて、
楽しく読み進めていました。


 

男子チームが選んだ絵本は、
「レッド あかくてあおいクレヨンのはなし」(マイケル・ホール著)でした。
こちらは、じっくりと丁寧に読み聞かせ、小学生たちを絵本の世界に
引き込むような語りでした。


どちらのチームも小学生からは大好評!
早くも次の読み聞かせが待ち遠しいようです。

逆に中学生たちも「次は、どんな本にしようか」と早くも思案中です。

【小・中学生の交流】みんなで輪くぐり

3月13日、3年生も加わった最後の小・中学生の交流が行われました。

今回は、構成的グループエンカウンターという手法を使って、
「みんなで輪くぐり」という活動をしました。

構成的グループエンカウンターでは、「ふれあい」と「自他発見」を
目的としており、活動を通して感じた気持ちをみんなで共有して、
自分や他者のことについて気づきを得るというものです。

 

最初にリチュアル(恒例儀式)で全員と握手をします。
このあたりからみんな笑顔が広がります。

 

続いて、エクササイズ「みんなで輪くぐり」をしました。
最初は少人数から始まり、最後は全員で手をつないだままフラフープを
くぐる活動です。

 

最後にシェアリング(気持ちの共有)です。
ホワイトボードの気持ちのカードを参考に、活動で感じた素直な
気持ちを全員で共有しました。

みんなで輪になって、「ありがとうございました。」 と言って、
活動を締めくくりました。
また一歩、みんなとの距離が縮まりましたね。

【小・中学生の交流】長縄遊び

小・中学生の交流で、昼休みを使って、長縄をしました。
中学1年生がその場を仕切り、チーム分けをしたり、時間を測ったりしながら、
みんなの活動をリードしていました。頼もしい姿です。

長縄では、小学1年生の児童も跳ぶことができ、
歓声があがっていました。

最後には、チームではなく、全員で1つの長縄を跳び、
一体感が生まれていました。
小学生も中学生も笑顔が弾けています!