カテゴリ:学校より

【小・中学生の交流】紙芝居の読み聞かせ

小中学生の交流の一環として、この日は中学3年生が小学生に
紙芝居の読み聞かせを行いました。

この日までに練習を重ねた中学3年生が、感情表現豊かに
丁寧に紙芝居を読んでいきました。
ときにはゆっくりと柔らかい口調で、ときには鬼になりきった
力強い口調で行うなど、工夫を凝らした読み方ができていました。
そんな3年生の姿に、小学校の先生も「さすが3年生!」の一言。

物語の世界に入り込んだ小学生たちは、脇目もふれず
紙芝居に見入っていました。
読み聞かせのあと、小学生たちは口々に「楽しかった!」と
嬉しそうに言っている姿が印象的でした。


ここ最近、生徒が考えた小・中学生の交流企画が
大変充実してきており、小学生にとっても、中学生にとっても
楽しみながら学べる有意義な時間になっています。

日常生活の中で、次第に中学生から小学生への声の掛け方も
変化してきているように感じます。

【小・中学生の交流】一緒に給食を食べよう

いつもは隣のテーブルで食べている小学生と中学生ですが、
今日は、中学生のアイデアで、小学生と同じテーブルで給食をいただきました。

食事をしながら、中学生が小学生に好きな食べ物をたずねたり、
今度何して遊ぶかを
相談したりと温かい時間が流れていました。

 

 

また、小学生の前では苦手なものも平気な顔をして頑張って食べていたり、
時間に間に合うように食べようとしていたりと、
かっこ悪いところは見せられない、お兄さんお姉さんのプライドも見え隠れしていました。

【小・中学生の交流】おにごっこ

前回の総合的な学習の時間で、中学生が話し合った小・中学生の交流についての
アイデアを実現するために、各学年で具体的な活動内容を決めました。

そして、この日の昼休みの時間を使って、中学生が考えた遊びを
小学生と一緒になって楽しみました。

 


この日誕生日を迎えた小学生にお祝いのダンスを中学生が
披露するところからスタートし、早速みんなの笑顔が弾けていました。

 

遊びは「ふえおに」で鬼にタッチされるとどんどん鬼が増えていく
鬼ごっこです。
小学生は必死になって鬼から逃げ、それを中学生が助ける場面あり、
中学生を追い詰める小学生のがんばりありと、
年齢に差はあれども、みんなが一緒に楽しむことができました。

 

 

小学生のみんなに楽しんでもらおうと企画したことでしたが、
実は中学生の方が楽しんでいたようにも見えました。

本校の小・中学生は普段同じ校舎で学ぶ仲間たちです。
こういった機会を通して今まで以上に小学生と中学生の距離が
縮まったのではないでしょうか。


今後もこういった交流の場を生徒たちが考えて企画していきます。
次回はどういったことをしていくのでしょうか。楽しみです。

雪遊び

今年は暖冬の影響もあり、例年に比べて積雪が少ない別子山地区ですが、
この週末で積雪があり、本日月曜日も雪が残っていました。

真っ白になった運動場で小学生が元気に
今年初めての雪遊びをしました。

雪合戦に雪だるまづくり、そして、雪に飛び込んだり、
寝そべってみたり・・・

楽しい時間を過ごしました!

 

 

3学期 始業式

3学期の初日を迎え、始業式が行われました。

始業式には、体調不良などで欠席となってしまった生徒が数名いたものの

出席した生徒たちの表情からは、冬休みに充実した生活を感じさせる

明るい表情が多かったです。

 

始業式では、校長先生からの式辞があり、そこでは俳句と詩が紹介されました。

 うれしさにはつ夢いふてしまひけり  正岡子規

 夢をもとう 大きな夢を 神さまさえ びっくりするような夢を  坂村真民

 

この句や詩を受けて児童生徒たちは、どんな1年にしていくのでしょうか。

 

その後、中学生の各学年代表者と小学生の児童全員が

冬休みの思い出や3学期の決意を力強く発表しました。

 

また、表彰も行われ、表彰者に対して大きな拍手が湧き起こりました。

 

3学期もみんなが成長するしていく姿が楽しみです。

 

2学期 終業式

本日、2学期の終業式を終えました。

終業式の前には2学期の表彰伝達を行いました。2学期の児童・生徒たちの活躍が光ります。

その後、各学年の代表生徒や小学校の児童全員が、2学期の思い出や成果、

冬休みの意気込みなどを発表しました。

 

 

校長先生の式辞では、児童・生徒の2学期の成長についてのお話もありました。

 

明日から2週間ほどの冬休みに入ります。

家庭での時間を大切にしながら、有意義な時間を過ごし、

全員が元気な姿で、3学期のスタートを切れることを楽しみにしています。

校内マラソン大会

10月30日

校内マラソン大会が行われました。

小中学生全員と先生方、そして地域の方も参加しました。

秋晴れの中気持ちよく走ることができました。

松茸ご飯

地域の方より、別子山産松茸の差し入れがありました。

今日の昼食は、松茸ご飯です!豪華!

和太鼓指導

今年度も「和太鼓クラブ黒森会」の方々にお願いして、

和太鼓演奏の指導をしていただきました。

11月の発表に向けて、少しずつがんばっていきます。

別子山秋季大運動会

雨天のため延期されていた運動会でしたが、なんとか開催することができました。

不安定な天候のため、プログラム変更がありましたが、とても盛り上がった運動会でした。

地域の方、保護者のみなさん、お世話になりました!

 

 

2学期始業式、表彰など

2学期が始まりました。

始業式では久しぶりに全校児童生徒が集まりました。

 

愛媛大学の渡部先生が2週間教育実習を行います。よろしくお願いします。

 

夏休みの反省と2学期の目標を児童と代表生徒が発表しました。

 

小学生の水泳記録会、中学生の卓球大会、サイエンスミーティング、

英語検定の表彰伝達をおこないました。

 

現在、英語検定は3年生2級2名準2級3名、2年生2級1名3級4名、1年生は3級1名5級4名が取得です。

PTA奉仕作業

保護者、地域の方、児童生徒で学校の清掃を行いました。

夏休みの間に草がかなり伸びていました。

すっきりときれいになった学校で、2学期もがんばります。

魚つかみ大会

猛暑や雨、台風など、いろいろ心配されましたが、

良い天気の中、魚つかみ大会が行われました。

準備からお世話になりました地域の方々、保護者の方々、

大変お世話になりました。

 

 

 

1学期 終業式

本日、1学期の終業式を終えました。

終業式の前には、1学期の表彰を行い、その後、各学年の代表生徒や
小学校の児童全員が、1学期の思い出や成果、夏休みの意気込みなどを発表しました。

どの児童生徒も真剣な表情で堂々とした発表を行いました。

 

 

始業式では、校長先生からの式辞で「命を大切にすること」や
「節目を意識して生活してほしいこと」などが児童生徒に伝えられました。
児童生徒たちは、引き締まった表情で話を聴いていました。

 

市街地から通っている生徒たちは、寮の荷物をまとめた後、
満面の笑顔で自宅へと帰省していきました。

 

無事に1学期を終えられたことに感謝して、
これから充実した夏休みを送ってほしいと思います。

球技大会

球技大会が開催されました。

体育館でバレーボールを行い、小中学生と教職員が
楽しく一生懸命にボールを追いかけました。

最初はソフトバレーボールで学年対抗のトーナメント戦。
小学校、中1、中2、中3に分かれて熱戦を展開しました。

続いて、中学生チームと教職員チームでの真剣勝負となりました。

1学期の最後に小中学校が一体となって、楽しい時間を過ごせました。

5月17日 第2回寮生会

今年度から生徒の寄宿舎として「立志寮」がスタートしました。
1年生から3年生までの生徒15名が寮生活を始めています。

この寮は、集団生活を通して寮生の自立を目指し、最後にはしっかりとした
「志」を立てて卒業することを目標にしている寮です。
そのため、管理人さんや別子小・中学校の教職員、地域の方々の支えを受けながら、
寮生によってできるだけ自治的な運営ができるように取り組んでいます。


その取組の一環として、3年生の中から寮長と副寮長を選出して、
その2人を中心に定期的に寮生会を開き、全ての寮生による話し合い活動を行っています。


この日は、第2回の寮生会が開かれました。
事前に全寮生から寮生活における様々な課題を募り、
寮長を進行役として、その解決策について意見を出し合いました。


価値観や家庭環境が異なる寮生たちが、集団生活におけるマナーや常識などについて
考え、ルールの必要性などについて活発に意見交換を行っていました。


寮生たちの様子を見ていると、今後の寮生活がどのように発展していくのかが
楽しみです。
学校でも、自宅でもない、「立志寮」ならではの学びを得て、
さらに成長を遂げて欲しいと思っています。

ふるさと学習(別子銅山に学ぶ)

本日、全校生徒、教職員、保護者、地域の皆さまと一緒に別子銅山について学ぶ
「ふるさと学習」を行いました。

晴天であれば、親子登山ということで、日浦登山口から銅山峰を経由し、東平まで
の山歩きを計画していました。
しかし、今年はあいにくの悪天候により、東平歴史資料館や別子銅山記念館の見学を
中心に別子銅山の学習を行うこととなりました。

2年生が1年生やその保護者に向けて、別子銅山のポイントについてガイド役として
説明しました。準備してきたことを出し切ろうと身振り手振りを使って一生懸命ガイドをしていました。
それを聞いている1年生もメモを必死でとりながら真剣な表情で学習していました。


東平歴史資料館では、当時の仲持(銅や生活物資を運ぶ人)の体験をしている生徒もいました。


午後は角野公民館で、登山で直接見ることができなかった場所についての説明を披露しました。
また、3年生は準備してきたガイドを英語を使って行うことにもチャレンジし、
2年生、3年生ともに参加者から大きな拍手をいただきました。
最後に、今回同行していただいたゲストティーチャーの曽我様にも
補足説明をしていただきました。

 

 

 楽しみにしていた山登りはできませんでしたが、2,3年生は、昨年までで山登りを
してきたので、その知識が資料館や記念館の見学やガイドを通して、さらに深まりました。
また、1年生はこの日得た多くの知識によって、さらに別子銅山に登ってみたいという
気持ちが強くなったようでした。

参加していただいた保護者や地域の方々、ゲストティーチャーの曽我様、その他関係者の
皆さま、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

引き続きこの学習で得たことをまとめたり、深めたりする活動を通して地元の遺産である
別子銅山の学習を進めてまいります。