カテゴリ:中学校

【立志寮】第12回寮生会

3月19日に今年度、最後となる寮生会を行いました。
3年生が退寮して、初めての寮生会です。

今回の話合いのテーマは、
「3年生はどんな寮にしてほしいと願っていたか。」
というものでした。

3年生と共に過ごした1年間を振り返り、3年生たちはどんな思いを
自分たちに託していったのかを考えました。
『伝統』として寮のいいところを残していきたい。
そして、変わっていかなければならないことを『課題』
として、それぞれ意見を出し合いました。

寮生たちは、3年生の5人を思い出しながら、
改めて先輩たちの思いを引き継いで、来月から新しい仲間とともに
立志寮をつくっていこうと決意を新たにしていました。


その後、寮担当教師が一人の卒業生の姿を紹介しました。
寮を退寮する際に、誰から言われるでもなく、最後に自分の靴箱を
磨いている卒業生の写真でした。

 

立志寮では、お互いに協力したり助け合ったりしながら高めあっていくことは、
もちろん大切です。
しかし、それだけではなく、「自分で決めたことをコツコツとやり続けたり、
自分でやろうとする『自立の心構え』も大切だ」と、その卒業生は言っているようですね。

 

次の寮生会はいよいよ新入生も加えたものとなります。
1年間過ごした立志寮に、次は新たな風が吹いてきそうです。

【中1理科】地層・岩石探し

中学1年生の理科の授業で、地層や岩石の校外学習にでかけました。
銅山川沿いの地層や岩石について理科教諭に話を聞きながら、
実際に自分で見つけたものを観察して学習を深めていました。

別子山は自然が豊かなところですが、実は世界で最も有名なものは「エクロジャイト」と呼ばれる岩石なのではないでしょうか。


世界でも産出は希少なもので、日本では東赤石山(別子山)付近でしか
とれないと言われています。
そのため、世界の研究者がそれを目当てに訪れています。


生徒もエクロジャイトを発見したようです!
今日もまた一つ、別子山の魅力を見つけましたね。

「東日本大震災」に学ぶ

今年の3月11日は、東日本大震災が発生してから8年となります。
本校では、この日地震発生の14:46に全校で黙祷を捧げ、
被災された方々に哀悼の意を表しました。


また、各学年で「東日本大震災に学ぶ」と題した授業が
震災の1年後に宮城県石巻市と山元町を訪れた本校教師によって、
行われました。

授業では、津波の被害が1年後でも色濃く残っている被災地の様子や、
そこで出会った被災者の方々の声を、教師自身が撮影した写真や映像で
紹介されました。


そこでは、津波によって失われた日常の生活などの「震災の痛み」と
その中でも復興に向けて、少しずつでも前進している「人間のパワー」が
感じられるものでした。

 

生徒からは、
 「毎日の普通の日常を大切にしたいと思った」
 「学校で勉強や運動ができることが幸せなことだと思った。」
 「これからも被災地に思いを寄せて、知っていくことが大切だ。」
などの感想が聞かれました。

 

来年は、同じく現地訪問した、震災の影響を大きく受けている福島県の
ことを取り上げて学習をする予定です。

【中2英語】A Special Lesson by Student Teachers

 

 We had five special student teachers, the second grade, in English class today, March 19. Each of them chose one topic, and explained some pronounciations or grammar. They planned how to teach by themselves, and practiced very hard to explain in English. They had to understand a lot of things to have a lesson as a student teacher. So, it was a very challenging class. But they really enjoyed teaching and giving lessons. The class was very energetic. They tried their best to improve their English skills together.

 

【立志寮】退寮式

本日、本校寄宿舎(立志寮)の退寮式が行われました。

卒業式を翌日に控えた3年生が、立志寮を退寮する日がやってきました。
3年生の寮生活は1年間ではありましたが、寮がスタートして何もかもが
初めてとなる特別な1年で立派に最高学年としてすべての寮生を引っ張ってくれました。


退寮式では、5人の退寮生一人一人が言葉を述べました。

5人がそれぞれに感じてきた成長を語るとともに
寮に携わる方々や保護者への感謝を伝えていました。

中には、言葉に詰まりながらも一生懸命に伝えようとする姿もあり、
あたたかい感動的な式となりました。


退寮生の言葉には、
「視野を広げて、行動すること」「日常のささやかなことへの感謝」
「自分で決めたことをコツコツと続けること」
「時には我慢もして、周囲に配慮すること」
「初代寮長の経験から得たこと」
「3年生としての自覚」
などが語られました。


その後在寮生を代表して、現寮長が感謝の言葉を伝えました。
3年生の言葉を胸に、在寮生たちは1か月後の新しい入寮生とともに
立志寮をつくりあげていくことを約束していました。

3年生は、この寮での経験をこれからの人生に生かして活躍して
ほしいものです。

 

明日はいよいよ卒業式です。

【立志寮】3年生とのお別れ会

3月13日は、翌日に退寮式を迎える3年生にとって
最後の寮での夜になりました。

最後の夕食は、調理師の方の力の入った豪華メニューとなりました。
調理師の方々には、1年間に渡り、寮生たちの健康を支えてくださいました。
本当にありがたいことです。

 
そして、夕食後には、1,2年生が企画した「お別れ会」が開かれました。
お別れ会では、2年生が中心となって作成したプレゼントが3年生に手渡されました。

プレゼントは、3年生一人一人にオリジナルの表彰状です。
3年生のいいところを表彰状に書き、裏面には1,2年生の寮生と
寮に関わる職員の方々からの激励のメッセージが寄せ書きされたものでした。

3年生は、とても嬉しそうに受け取り、感謝の言葉を伝えていました。



お別れ会が終わったあとに、サプライズで3年生から1,2年生の寮生一人一人に
感謝の手紙が渡されました。
たくさんの涙と笑顔に包まれたお別れ会となりました。

【中2理科】発電所・変電所見学

 

本校中学2年生が、理科の授業で、

子地区にある発電所と変電所を見学に行きました。

普段、私たちが利用している電気が

どこで、どのようにして作られて学校までやってくるのか

学ぶことができました。

私たちの生活になくてはならない電気。

大切に使いたいですね。

 

 

【卓球部・バドミントン部】卒業記念試合

3月9日(土)に男女卓球部とバドミントン部の3年生卒業記念試合が
行われました。

高校入試を終えた3年生は、久しぶりに卓球のラケットを握る部員が多いようで、
最初は感覚を取り戻すのに苦労していました。

しかし、ウォーミングアップを続けるうちに本来の技術を発揮するようになり、
成長した1,2年生と白熱した試合を繰り広げました。

また、バドミントン部も3年生の部員2人と教職員も混じって
熱い試合が展開されていました。

 

試合後には、3年生全員が後輩たちに激励の言葉を贈り、
1,2年生は真剣にその言葉に耳を傾けていました。

また、1,2年生は、メッセージを寄せ書きした記念の色紙や
顧問教師のメッセージの入ったラケットを3年生にプレゼントしました。
プレゼントを渡す際には、1,2年生が涙しながら感謝の言葉を
贈る場面もあり、とても温かい空気に包まれました。

 

これで、3年生の部活動はすべて終了です。
進学先ではどの部活動に所属するかわかりませんが、
中学校での経験は、きっと自分を支える大きな力になります。

来週は、いよいよ退寮式や卒業式が控えています。
名残惜しい季節がやってきました。

英語で学校紹介!その⑥

Snow Ball Fight

       Have you ever played a snow ball fight in a real snow?  We have snow ball fights on the deep snow days every year.  All of the students and teachers join it and fight very hard in the school playground.  The snow in Besshi looks so beautiful.  The snow can accumulate to about one-hundred centimeters. 

      We have at least three heavy snow days in Besshi.  Usually, we make teams by grade, and then choose the captain, make strategies, and enjoy fighting.  Last year, we enjoyed it when I was in the second grade.  Our captains were the principal and vice principal.  Though our team members fought very hard, we couldn’t win.  But we could enjoy the snow ball fight very much. 

      Unfortunately, we couldn’t have much snow this winter. We were not able to do it.  But if you enter Besshi junior high school and have a chance, let’s enjoy snow fight together!

Thank you.

 

6回に渡っての英語で学校紹介はどうでしたか。読んでくださってありがとうございました。

Thank you for reading our articles !

 

英語で学校紹介!その⑤

School and Local Festival

      We have a school festival in November.  We call it “Sangyou Bunkasai” which means the agricultural festival. We practiced singing songs and playing some instruments for that day.  We third-year students played the xylophone. The biggest event on the day is “Niihama Isamidaiko”, a Japanese drum performance. We practiced very hard to show the great performances this year too. Besshi Elementary and Junior High School is not a big school, but we can show you the performances which your heart will be moved by. Please come to our festival.

      Also we can see the pictures that we drew or painted in the art class.  We can eat some food, such as Botan-pot (Botan-Nabe), yaki-soba noodle, and cotton candies(wata-gashi).  I taught one of my juniors how to make cotton candies.  You will be able to enjoy the cotton candies she will make next year! 

Thank you. 

 

英語で学校紹介!その④

Field Day

      We have a field day with the elementary school students and with the local people in Besshi every year.  We can make our ties of friendships much stronger.  Our field day has some unique races.  For example, we can enjoy “Strike Out”, “Nawanai Race”, and “Janken Tournament”. In the “Janken Tournament”, we can get a nice gift if we win to the last three.  This year, the winner was our student council president, Mr. Kamiyama. He got a folding chair as a prize! But now, I hear it is stashed in his closet. I feel sorry for the folding chair.  

     On our field day, both children and adults can enjoy together!!  It is held in September.  If you are interested in it, please come to our field day and make good memories together.  I promise you will enjoy it too!

 Thank you.   

 

学年末テスト(最終日)

この日は、学年末テスト最終日です。
土日を使って準備をしてきた成果を出そうと
一生懸命に取り組んでいました。

そして、早速テストの返却も始まりました。
ドキドキしながら返却を待っています。

このテストが終わると、いよいよ卒業式に向けての
準備が本格化していきます。
また、寮では退寮式の準備も進んでいきます。

そして、3年生2名が今週、県立一般入試を控えています。
3年生のがんばりをみんなで支えながら、
それぞれが卒業や進級に向けて、動き出していきます。

【女子卓球部】愛媛県小中学校学年別卓球大会

愛媛県総合運動公園体育館で小中学校学年別大会の
県大会が開催されました。

本校女子卓球部から2名の選手が出場しました。
各地区を勝ち上がってきた選手たちが集まり、
どの試合も熱戦が繰り広げられました。

 

本校の選手も健闘しました。
一人は、1回戦をフルセットまで持ち込み、逆転勝ちを収め,

2回戦もフルセットまでもつれた末の惜敗でした。

二人とも惜敗した試合は、フルセットの攻防で、あと一歩及ばず
大きな悔しさを味わいましたが、県大会という大きな舞台での経験が
これからの成長の糧となりそうです。

 

応援してくださった方々に感謝いたします。
ありがとうございました。

学年末テスト(2日目)

今日は、テスト2日目です。

昨日に引き続き、みんな一生懸命にテストに取り組んでいます。

テストが終わると、多くの生徒がほっとしたような表情を浮かべていました。

今日は、寮生活を送っている生徒は、昼過ぎのバスで帰省します。
テストは残すところ、あと1日です。
土日によい準備をして、最終日に力を出し切れるようにしましょう。

 

バスから手を振る生徒たちは、いつも笑顔が弾けています!

別子にも春が少しずつ近づいてきています。

学年末テスト(1日目)

今日から中学1,2年生では、学年末テストが始まりました。
(3年生は実力テストになります。)
1年間の学習がどれほど身についたでしょうか。

この日のために家庭や寮でテスト勉強を重ねてきた中学生たちは、
みんな真剣な顔つきでテストに臨んでいました。

テストの合間の休み時間には、次の教科に向けての
準備をしています。
みんな、がんばれ!

【立志寮】仲間の一善(寮生日誌より)

立志寮で生活している寮生たちは、毎日「寮生日誌」に
1日の生活を振り返って、生活の様子や気づいたことを記録しています。

その中に「仲間の一善」という欄があります。
ここには、その日見つけた他の寮生の善い行動を書き込みます。
そして、毎月の寮生会で、全員の一善をプリントにまとめてみんなで共有しています。

自分の善い行動について、寮の仲間が書いてくれていると、みんな照れながらも
嬉しそうな表情になり、それを共有している時間は、とても温かい雰囲気に包まれます。


今回はそのほんの一例を紹介します。
「Sさんが、休憩時間にもきちんと時計を見ていて、時間がきたら声をかけていた!
見習いたいです!」
「Mさんが、荷物を2階まで上げてくれ、優しい声をかけてくれた。ありがとうございます。」
「夕食のときTさんはすぐに自分の食べ物を準備した後、皆のお茶も注いでいる。
ほぼ毎日だ。・・・・すごい!」


これを続けていることで、仲間の善い行動を見つけようとしたり、
さりげなく人を助けたりする行動が着実に増えてきています。
人は誰だって、褒められたら嬉しいものですね。

【立志寮】第11回寮生会

今月の寮生会が立志寮にて開かれました。
「寮生会」とは、寮生全員による話合い活動です。
今回は、寮長・副寮長が2年生に交代して2回目の寮生会になります。
この日の話合いのテーマは、前回に引き続き「新入生の受け入れについて」でした。

前回は、新入生の受け入れで、どのようなことができるかについて
アイデアを出しあいましたが、今回は、そのアイデアを具体化して、
どのように準備を進めるかについて
話し合いました。

今回の話し合いは、みんなの議論が煮詰まってしまったり、
企画のイメージにずれが生まれてしまったりして、寮長も副寮長も
司会の難しさを実感するものとなりました。

それでも、みんなでフォローしながら、なんとか一つの企画を
実行に向けて進めていくことになりました。


寮生たちは、建設的な話し合いにより、よりよい考えを創り上げるためには、
何が大切なのかについて考えながら、多くのことを学んでいっています。
この経験は、大人になってからもとても大切な力になりますね。

【中学1年生】働く人に学ぶ講座2

総合的な学習の時間の進路学習の一環として、「働く人に学ぶ」講座を設けています。
この日は、別子山在住の企業経営者 和田輝世伸さん を本校にお招きして、
生徒たちの職業観を広げるために、仕事に関する様々なお話をしていただきました。

講座の前半では、トラックなどの車両整備にまつわる仕事のお話や経営者としての
喜びや苦労などについて
お話しいただきました。

 

講座の後半では、別子山地区の魅力や課題、和田さんが子どもの頃の様子なども
交えてお話してくださいました。

 

生徒たちは、職業感を広げただけでなく、社会人としての生き方を感じとることができました。
また、別子山地区の活性化に向けて、地域の方々とどのようにつながって
取り組んでいけばよいのかのヒントもいただいたようでした。

和田さん、お忙しい中ありがとうございました。

今後も生徒たちは、この別子山地区の魅力を知り、地域の方々とともに
成長し続けられるように様々な取組を行っていきます。

【中学1年生】働く人に学ぶ講座

現在中学1年生では、総合的な学習の時間の進路学習の一環として、
「働く人に学ぶ」講座を設け、職業観を広げようと取り組んでいます。

この日は、新居浜市役所別子山支所を訪問し、支所長さんや職員の方々を
講師として、仕事の内容をはじめ、仕事の喜びや苦労などについて
お話をしていただきました。

生徒たちは、メモをとりながら話を聞き、ときには
質問を織り交ぜながら自分たちの疑問を解決させていくことができました。


講師の方からは、「みなさんが、別子山に来て学んでいるこの3年間は、
貴重な機会なので、ぜひ人とのつながりを大切にして頑張ってほしい」
という言葉をいただきました。

この講座で生徒たちは、別子山地区を支える支所としての仕事の大切さに加え、
働くことの意義ややりがいにも触れることができました。
別子山支所の皆様、本当にありがとうございました。

【道徳の時間】性的マイノリティについて考える

現在2年生は、道徳の時間を通して、性的マイノリティ(LGBT)についての
学習を進めています。

 

この日は、基礎的な知識を学びました。
聞いたことのある言葉について正確な内容を理解することができたり、
初めて見聞きする言葉を知ったりと真剣な態度で授業に臨んでいました。

来週以降もこのテーマについて考えることで、自分の心に向き合いながら、
すべての人が自分に誇りをもち、自分らしく生きていける共生社会の
実現に向けて、さらに考え続けていきます。