カテゴリ:中学校

【立志寮】第12回寮生会

3月19日に今年度、最後となる寮生会を行いました。
3年生が退寮して、初めての寮生会です。

今回の話合いのテーマは、
「3年生はどんな寮にしてほしいと願っていたか。」
というものでした。

3年生と共に過ごした1年間を振り返り、3年生たちはどんな思いを
自分たちに託していったのかを考えました。
『伝統』として寮のいいところを残していきたい。
そして、変わっていかなければならないことを『課題』
として、それぞれ意見を出し合いました。

寮生たちは、3年生の5人を思い出しながら、
改めて先輩たちの思いを引き継いで、来月から新しい仲間とともに
立志寮をつくっていこうと決意を新たにしていました。


その後、寮担当教師が一人の卒業生の姿を紹介しました。
寮を退寮する際に、誰から言われるでもなく、最後に自分の靴箱を
磨いている卒業生の写真でした。

 

立志寮では、お互いに協力したり助け合ったりしながら高めあっていくことは、
もちろん大切です。
しかし、それだけではなく、「自分で決めたことをコツコツとやり続けたり、
自分でやろうとする『自立の心構え』も大切だ」と、その卒業生は言っているようですね。

 

次の寮生会はいよいよ新入生も加えたものとなります。
1年間過ごした立志寮に、次は新たな風が吹いてきそうです。

【中1理科】地層・岩石探し

中学1年生の理科の授業で、地層や岩石の校外学習にでかけました。
銅山川沿いの地層や岩石について理科教諭に話を聞きながら、
実際に自分で見つけたものを観察して学習を深めていました。

別子山は自然が豊かなところですが、実は世界で最も有名なものは「エクロジャイト」と呼ばれる岩石なのではないでしょうか。


世界でも産出は希少なもので、日本では東赤石山(別子山)付近でしか
とれないと言われています。
そのため、世界の研究者がそれを目当てに訪れています。


生徒もエクロジャイトを発見したようです!
今日もまた一つ、別子山の魅力を見つけましたね。

「東日本大震災」に学ぶ

今年の3月11日は、東日本大震災が発生してから8年となります。
本校では、この日地震発生の14:46に全校で黙祷を捧げ、
被災された方々に哀悼の意を表しました。


また、各学年で「東日本大震災に学ぶ」と題した授業が
震災の1年後に宮城県石巻市と山元町を訪れた本校教師によって、
行われました。

授業では、津波の被害が1年後でも色濃く残っている被災地の様子や、
そこで出会った被災者の方々の声を、教師自身が撮影した写真や映像で
紹介されました。


そこでは、津波によって失われた日常の生活などの「震災の痛み」と
その中でも復興に向けて、少しずつでも前進している「人間のパワー」が
感じられるものでした。

 

生徒からは、
 「毎日の普通の日常を大切にしたいと思った」
 「学校で勉強や運動ができることが幸せなことだと思った。」
 「これからも被災地に思いを寄せて、知っていくことが大切だ。」
などの感想が聞かれました。

 

来年は、同じく現地訪問した、震災の影響を大きく受けている福島県の
ことを取り上げて学習をする予定です。

【中2英語】A Special Lesson by Student Teachers

 

 We had five special student teachers, the second grade, in English class today, March 19. Each of them chose one topic, and explained some pronounciations or grammar. They planned how to teach by themselves, and practiced very hard to explain in English. They had to understand a lot of things to have a lesson as a student teacher. So, it was a very challenging class. But they really enjoyed teaching and giving lessons. The class was very energetic. They tried their best to improve their English skills together.

 

【立志寮】退寮式

本日、本校寄宿舎(立志寮)の退寮式が行われました。

卒業式を翌日に控えた3年生が、立志寮を退寮する日がやってきました。
3年生の寮生活は1年間ではありましたが、寮がスタートして何もかもが
初めてとなる特別な1年で立派に最高学年としてすべての寮生を引っ張ってくれました。


退寮式では、5人の退寮生一人一人が言葉を述べました。

5人がそれぞれに感じてきた成長を語るとともに
寮に携わる方々や保護者への感謝を伝えていました。

中には、言葉に詰まりながらも一生懸命に伝えようとする姿もあり、
あたたかい感動的な式となりました。


退寮生の言葉には、
「視野を広げて、行動すること」「日常のささやかなことへの感謝」
「自分で決めたことをコツコツと続けること」
「時には我慢もして、周囲に配慮すること」
「初代寮長の経験から得たこと」
「3年生としての自覚」
などが語られました。


その後在寮生を代表して、現寮長が感謝の言葉を伝えました。
3年生の言葉を胸に、在寮生たちは1か月後の新しい入寮生とともに
立志寮をつくりあげていくことを約束していました。

3年生は、この寮での経験をこれからの人生に生かして活躍して
ほしいものです。

 

明日はいよいよ卒業式です。

【立志寮】3年生とのお別れ会

3月13日は、翌日に退寮式を迎える3年生にとって
最後の寮での夜になりました。

最後の夕食は、調理師の方の力の入った豪華メニューとなりました。
調理師の方々には、1年間に渡り、寮生たちの健康を支えてくださいました。
本当にありがたいことです。

 
そして、夕食後には、1,2年生が企画した「お別れ会」が開かれました。
お別れ会では、2年生が中心となって作成したプレゼントが3年生に手渡されました。

プレゼントは、3年生一人一人にオリジナルの表彰状です。
3年生のいいところを表彰状に書き、裏面には1,2年生の寮生と
寮に関わる職員の方々からの激励のメッセージが寄せ書きされたものでした。

3年生は、とても嬉しそうに受け取り、感謝の言葉を伝えていました。



お別れ会が終わったあとに、サプライズで3年生から1,2年生の寮生一人一人に
感謝の手紙が渡されました。
たくさんの涙と笑顔に包まれたお別れ会となりました。

【中2理科】発電所・変電所見学

 

本校中学2年生が、理科の授業で、

子地区にある発電所と変電所を見学に行きました。

普段、私たちが利用している電気が

どこで、どのようにして作られて学校までやってくるのか

学ぶことができました。

私たちの生活になくてはならない電気。

大切に使いたいですね。

 

 

【卓球部・バドミントン部】卒業記念試合

3月9日(土)に男女卓球部とバドミントン部の3年生卒業記念試合が
行われました。

高校入試を終えた3年生は、久しぶりに卓球のラケットを握る部員が多いようで、
最初は感覚を取り戻すのに苦労していました。

しかし、ウォーミングアップを続けるうちに本来の技術を発揮するようになり、
成長した1,2年生と白熱した試合を繰り広げました。

また、バドミントン部も3年生の部員2人と教職員も混じって
熱い試合が展開されていました。

 

試合後には、3年生全員が後輩たちに激励の言葉を贈り、
1,2年生は真剣にその言葉に耳を傾けていました。

また、1,2年生は、メッセージを寄せ書きした記念の色紙や
顧問教師のメッセージの入ったラケットを3年生にプレゼントしました。
プレゼントを渡す際には、1,2年生が涙しながら感謝の言葉を
贈る場面もあり、とても温かい空気に包まれました。

 

これで、3年生の部活動はすべて終了です。
進学先ではどの部活動に所属するかわかりませんが、
中学校での経験は、きっと自分を支える大きな力になります。

来週は、いよいよ退寮式や卒業式が控えています。
名残惜しい季節がやってきました。

英語で学校紹介!その⑥

Snow Ball Fight

       Have you ever played a snow ball fight in a real snow?  We have snow ball fights on the deep snow days every year.  All of the students and teachers join it and fight very hard in the school playground.  The snow in Besshi looks so beautiful.  The snow can accumulate to about one-hundred centimeters. 

      We have at least three heavy snow days in Besshi.  Usually, we make teams by grade, and then choose the captain, make strategies, and enjoy fighting.  Last year, we enjoyed it when I was in the second grade.  Our captains were the principal and vice principal.  Though our team members fought very hard, we couldn’t win.  But we could enjoy the snow ball fight very much. 

      Unfortunately, we couldn’t have much snow this winter. We were not able to do it.  But if you enter Besshi junior high school and have a chance, let’s enjoy snow fight together!

Thank you.

 

6回に渡っての英語で学校紹介はどうでしたか。読んでくださってありがとうございました。

Thank you for reading our articles !

 

英語で学校紹介!その⑤

School and Local Festival

      We have a school festival in November.  We call it “Sangyou Bunkasai” which means the agricultural festival. We practiced singing songs and playing some instruments for that day.  We third-year students played the xylophone. The biggest event on the day is “Niihama Isamidaiko”, a Japanese drum performance. We practiced very hard to show the great performances this year too. Besshi Elementary and Junior High School is not a big school, but we can show you the performances which your heart will be moved by. Please come to our festival.

      Also we can see the pictures that we drew or painted in the art class.  We can eat some food, such as Botan-pot (Botan-Nabe), yaki-soba noodle, and cotton candies(wata-gashi).  I taught one of my juniors how to make cotton candies.  You will be able to enjoy the cotton candies she will make next year! 

Thank you. 

 

英語で学校紹介!その④

Field Day

      We have a field day with the elementary school students and with the local people in Besshi every year.  We can make our ties of friendships much stronger.  Our field day has some unique races.  For example, we can enjoy “Strike Out”, “Nawanai Race”, and “Janken Tournament”. In the “Janken Tournament”, we can get a nice gift if we win to the last three.  This year, the winner was our student council president, Mr. Kamiyama. He got a folding chair as a prize! But now, I hear it is stashed in his closet. I feel sorry for the folding chair.  

     On our field day, both children and adults can enjoy together!!  It is held in September.  If you are interested in it, please come to our field day and make good memories together.  I promise you will enjoy it too!

 Thank you.   

 

学年末テスト(最終日)

この日は、学年末テスト最終日です。
土日を使って準備をしてきた成果を出そうと
一生懸命に取り組んでいました。

そして、早速テストの返却も始まりました。
ドキドキしながら返却を待っています。

このテストが終わると、いよいよ卒業式に向けての
準備が本格化していきます。
また、寮では退寮式の準備も進んでいきます。

そして、3年生2名が今週、県立一般入試を控えています。
3年生のがんばりをみんなで支えながら、
それぞれが卒業や進級に向けて、動き出していきます。

【女子卓球部】愛媛県小中学校学年別卓球大会

愛媛県総合運動公園体育館で小中学校学年別大会の
県大会が開催されました。

本校女子卓球部から2名の選手が出場しました。
各地区を勝ち上がってきた選手たちが集まり、
どの試合も熱戦が繰り広げられました。

 

本校の選手も健闘しました。
一人は、1回戦をフルセットまで持ち込み、逆転勝ちを収め,

2回戦もフルセットまでもつれた末の惜敗でした。

二人とも惜敗した試合は、フルセットの攻防で、あと一歩及ばず
大きな悔しさを味わいましたが、県大会という大きな舞台での経験が
これからの成長の糧となりそうです。

 

応援してくださった方々に感謝いたします。
ありがとうございました。

学年末テスト(2日目)

今日は、テスト2日目です。

昨日に引き続き、みんな一生懸命にテストに取り組んでいます。

テストが終わると、多くの生徒がほっとしたような表情を浮かべていました。

今日は、寮生活を送っている生徒は、昼過ぎのバスで帰省します。
テストは残すところ、あと1日です。
土日によい準備をして、最終日に力を出し切れるようにしましょう。

 

バスから手を振る生徒たちは、いつも笑顔が弾けています!

別子にも春が少しずつ近づいてきています。

学年末テスト(1日目)

今日から中学1,2年生では、学年末テストが始まりました。
(3年生は実力テストになります。)
1年間の学習がどれほど身についたでしょうか。

この日のために家庭や寮でテスト勉強を重ねてきた中学生たちは、
みんな真剣な顔つきでテストに臨んでいました。

テストの合間の休み時間には、次の教科に向けての
準備をしています。
みんな、がんばれ!

【立志寮】仲間の一善(寮生日誌より)

立志寮で生活している寮生たちは、毎日「寮生日誌」に
1日の生活を振り返って、生活の様子や気づいたことを記録しています。

その中に「仲間の一善」という欄があります。
ここには、その日見つけた他の寮生の善い行動を書き込みます。
そして、毎月の寮生会で、全員の一善をプリントにまとめてみんなで共有しています。

自分の善い行動について、寮の仲間が書いてくれていると、みんな照れながらも
嬉しそうな表情になり、それを共有している時間は、とても温かい雰囲気に包まれます。


今回はそのほんの一例を紹介します。
「Sさんが、休憩時間にもきちんと時計を見ていて、時間がきたら声をかけていた!
見習いたいです!」
「Mさんが、荷物を2階まで上げてくれ、優しい声をかけてくれた。ありがとうございます。」
「夕食のときTさんはすぐに自分の食べ物を準備した後、皆のお茶も注いでいる。
ほぼ毎日だ。・・・・すごい!」


これを続けていることで、仲間の善い行動を見つけようとしたり、
さりげなく人を助けたりする行動が着実に増えてきています。
人は誰だって、褒められたら嬉しいものですね。

【立志寮】第11回寮生会

今月の寮生会が立志寮にて開かれました。
「寮生会」とは、寮生全員による話合い活動です。
今回は、寮長・副寮長が2年生に交代して2回目の寮生会になります。
この日の話合いのテーマは、前回に引き続き「新入生の受け入れについて」でした。

前回は、新入生の受け入れで、どのようなことができるかについて
アイデアを出しあいましたが、今回は、そのアイデアを具体化して、
どのように準備を進めるかについて
話し合いました。

今回の話し合いは、みんなの議論が煮詰まってしまったり、
企画のイメージにずれが生まれてしまったりして、寮長も副寮長も
司会の難しさを実感するものとなりました。

それでも、みんなでフォローしながら、なんとか一つの企画を
実行に向けて進めていくことになりました。


寮生たちは、建設的な話し合いにより、よりよい考えを創り上げるためには、
何が大切なのかについて考えながら、多くのことを学んでいっています。
この経験は、大人になってからもとても大切な力になりますね。

【中学1年生】働く人に学ぶ講座2

総合的な学習の時間の進路学習の一環として、「働く人に学ぶ」講座を設けています。
この日は、別子山在住の企業経営者 和田輝世伸さん を本校にお招きして、
生徒たちの職業観を広げるために、仕事に関する様々なお話をしていただきました。

講座の前半では、トラックなどの車両整備にまつわる仕事のお話や経営者としての
喜びや苦労などについて
お話しいただきました。

 

講座の後半では、別子山地区の魅力や課題、和田さんが子どもの頃の様子なども
交えてお話してくださいました。

 

生徒たちは、職業感を広げただけでなく、社会人としての生き方を感じとることができました。
また、別子山地区の活性化に向けて、地域の方々とどのようにつながって
取り組んでいけばよいのかのヒントもいただいたようでした。

和田さん、お忙しい中ありがとうございました。

今後も生徒たちは、この別子山地区の魅力を知り、地域の方々とともに
成長し続けられるように様々な取組を行っていきます。

【中学1年生】働く人に学ぶ講座

現在中学1年生では、総合的な学習の時間の進路学習の一環として、
「働く人に学ぶ」講座を設け、職業観を広げようと取り組んでいます。

この日は、新居浜市役所別子山支所を訪問し、支所長さんや職員の方々を
講師として、仕事の内容をはじめ、仕事の喜びや苦労などについて
お話をしていただきました。

生徒たちは、メモをとりながら話を聞き、ときには
質問を織り交ぜながら自分たちの疑問を解決させていくことができました。


講師の方からは、「みなさんが、別子山に来て学んでいるこの3年間は、
貴重な機会なので、ぜひ人とのつながりを大切にして頑張ってほしい」
という言葉をいただきました。

この講座で生徒たちは、別子山地区を支える支所としての仕事の大切さに加え、
働くことの意義ややりがいにも触れることができました。
別子山支所の皆様、本当にありがとうございました。

【道徳の時間】性的マイノリティについて考える

現在2年生は、道徳の時間を通して、性的マイノリティ(LGBT)についての
学習を進めています。

 

この日は、基礎的な知識を学びました。
聞いたことのある言葉について正確な内容を理解することができたり、
初めて見聞きする言葉を知ったりと真剣な態度で授業に臨んでいました。

来週以降もこのテーマについて考えることで、自分の心に向き合いながら、
すべての人が自分に誇りをもち、自分らしく生きていける共生社会の
実現に向けて、さらに考え続けていきます。

【立志寮】第10回寮生会

第10回寮生会が行われました。
寮生会とは、寮生全員による話合い活動です。


今月から寮生の代表者である寮長・副寮長が3年生から2年生に代わりました。
今回は、新寮長・副寮長による最初の寮生会となりました。
議題は、「新入生の受け入れについて」でした。

この議題は、来年度市街地から新入生の寮生活を少しでも
サポートしたいという思いから設定されました。
ここでは、すべての寮生によって様々なアイデアを出しあいました。

 

新寮長の司会のもと、アイデアを付箋紙に書き、ホワイトボードに
貼り付けて、各学年からアイデアの詳しい説明をしました。

その後、アイデアを組み合わせたり、発展させたりしながら
アイデアを整理して、まとめていきました。

大変活発な話合いができ、授業で学んでいる「話合い活動」が
生かされていました。


次回の寮生会で、このアイデアを実現するために、さらに内容を具体化して、
役割分担を決めていきます。
卒業を控える3年生も含めて、すべての寮生で新入寮生受け入れの準備を進めています。

話し合い活動

現在、本校中学校生徒は、話合い活動に力を入れて取り組んでいます。
様々な議題で、小グループで話し合ったことを全体で共有した後、
質疑応答などを行い、よりよい方法や考え方を全員で作りあげていく活動です。

ときには司会や書記の役割を担い、建設的で活発な議論ができるように
練習を重ねています。

第1回では、「中学校の生徒会活動の活性化について」
第2回では、「別子山地域の方々とのかかわりを強くするために」
について話合いを行いました。

これからも練習を重ね、他者との対話を通して発展的な議論ができるようにして、
課題解決する力を身に付けてほしいものです。

えひめジョブチャレンジU-15フェスタin東予

 

 丹原文化会館で行われた

『えひめジョブチャレンジU-15フェスタin東予』に

本校の中学2年1組の生徒が参加しました。

 

到着後、会場のロビーでは、県内の職業科がある県立高等学校5校が

ポスターセッションを行っていました。

高校生が実際に制作したものや、学校説明のポスターなどが展示されており、

時には実際に高校生の話を聞いて、興味深そうに見学していました。

参加した一人一人が、高等学校がどういうところか、

自分はどういう学校に行きたいかなど、考えるきっかけになりました。

 

代表校の成果発表を見て、自分たちも職場体験学習を行ったときに感じた、

感謝することやコミュニケーション能力、笑顔や一生懸命さの大切さを、

多くの人が感じたことがわかり、これからの生活でも忘れないようにしようと

改めて思いました。

株式会社ハラプレックス代表取締役社長の原さんの講演では、

これからの自分の人生について、様々な角度から考え、

進路選択をしなければいけないということがわかりました。

 

また、休憩時間を使って『君たちはどう生きるか~一言メッセージ~』を書きました。

これから、自分がどんな生き方をしたいか、真剣に考えていました。

ほかの中学校の生徒のメッセージも読みながら、

「生きる」ということに思いめぐらせることができました。

 

生徒会役員任命式

始業式の後、中学校では生徒会役員任命式が行われました。

 

2学期まで学校を引っ張ってきた3年生の生徒会役員一人一人が

生徒会役員の活動を通して得られた経験やみんなへの感謝の言葉を

伝えました。

 

それを受けて、新生徒会の会長がこれからの1年に向けての

抱負を語りました。

 

 

今日から新しい生徒会がスタートします。

始めのうちは、苦労することも多いかもしれません。

しかし、初心を忘れずに新役員の持ち味を大いに発揮して

新しい別子中学校の歴史をつくっていくことを期待しています。

 

【立志寮】寮生発案「お楽しみレクリエーション」

放課後に寮生活をする15名で、「お楽しみレクリエーション」を行いました。
この企画は、9月に立志寮で開催した、寮生による“お楽しみアイデアコンテスト”の結果、
得票数1位を獲得した企画で、3年生の1人が発案した「Let's 2本先取!」というものです。
3つのゲームを3チーム対抗で行い、2ゲーム先取したチームが優勝となります。


1~3年生までが混合で3チームに分かれて、ジェスチャーゲームなどを行いました。

3年生5名がゲームの進行役となりました。
どのゲームも大きな盛り上がりを見せ、笑いの絶えない時間となりました。

日常の生活では、見ることができないような他の寮生の一面を見ることができ、
さらに仲間意識が強くなっているようでした。


2学期の寮生活も一区切りで冬休みに入ります。
立志寮はこれから、3年生の卒業と新1年生の受け入れに向けて準備を進めていきます。

【生徒会】生徒会役員選挙

平成31年期 生徒会役員選挙が行われました。
2年生の立候補者が立会演説会に臨んだのち、全校生徒による投票が行われ、
新生徒会役員の3名が決定しました。

この日までに立候補者は、よりよい別子中の実現に向けての公約をまとめ、
各学級で主張するなどの選挙活動を行ってきました。

3学期からは新生徒会役員を中心に生徒会活動がスタートします。
新役員の皆さんは、公約を実現できるようにリーダーシップをとって、
がんばってほしいと思います。

 

新居浜市中学校音楽発表会

文化センターにて新居浜市中学校音楽発表会が行われました。

9月から練習してきた成果を中学生全員で発表しました。

新居浜太鼓祭りの豪華絢爛で雄大なようすを演奏で表すことができました。

租税教室

 

中学3年生を対象に租税教室が行われました。

新居浜税務署から講師をお招きし、

税金についての講義をしていただきました。

身近な税として、消費税があげられますが

日本には約50種類の税があり、それらが有効に使われている

ことを学びました。

各税は平等に徴収され、私たちの暮らしを豊かにするために

欠かせないものです。

3年生6名は、活発に税の種類をあげ、講義も熱心に聞いていました。

日ごろから税に対して関心をもっていることがわかりました。

真摯な態度で、学習に取り組む姿に

講師の方からもお褒めの言葉をいただきました。

高円宮杯 全国中学校英語弁論大会に向けて

高円宮杯全国中学校英語弁論大会に愛媛県代表として、本校3年生の岡さくらさんが全国大会に出場します。

これを祝して別子中学校に懸垂幕を設置しました。

11月28日から東京で行われる本選を目指して、ますます練習に熱が入っています。

全国の舞台で活躍する岡さんを、みんなで応援しています!

 

勇太鼓の練習に海外からのお客様!

現在中学校では、11月11日(日)に開催される
別子山地区の文化祭「産業文化祭」に向けて、
『新居浜勇太鼓』の練習に励んでいます。

 

この日も中学生全員が太鼓練習に取り組んでいると、
突然海外からのお客様がいらっしゃいました。

どうやら外でたまたま太鼓の音を聴いて、見に来られたとのことでした。


来られたのは、海外で活躍される研究者の方々で、
フランスの大学の先生方 5名
フランスの大学で教えられている日本人の先生 1名と
熊本大学の先生 1名 でした。

 


別子山地区を訪れたのは、権現山を登山して、
エクロジャイトの露頭を調査するためだそうです。
岩全体がエクロジャイトでできている世界でも大変めずらしいものだから
ということでした。

本校の向かいにある「ふるさと館」で、エクロジャイトの展示物を
見ていた時に、ちょうど太鼓の音を聴いたそうです。

体育館で実際に演奏を聴かれ、大変喜んでくれていました。

 


偶然の縁ではありましたが、海外の方に演奏を見ていただくことになり、
大変うれしい機会となりました。
本番に向けて、さらに練習に力が入ります。


別子山地区には、世界の専門家の方も見に来る素晴らしい『宝の石』がある。
これも地域の誇りの一つです。

オープンスクール

10月20日

新居浜市内の小学生向けにオープンスクールを行いました。

電子黒板やタブレットを活用した授業の様子を見てもらいました。

高円宮杯第70回全日本中学校英語弁論大会愛媛県大会 全国大会出場決定!!

 

 10月7日(日)に、松山のエスポワール愛媛文教会館で高円宮杯第70回全日本中学校英語弁論大会愛媛県大会が開催されました。

 本校からは、3年生の岡さくらさんが学校代表として参加しました。

 会場に到着後は、声出し練習をクラスメートと一緒に行い、本番に備えました。

 本番は、これまで放課後や寮で練習に練習を重ねてきた成果を存分に出し、すばらしいスピーチを披露しました。

 題材は"The Paper Xylophone."です。

 お母さんが段ボールで作ってくれた木琴で、お母さんと一緒に練習に励んだ幼稚園の頃の経験が、中学生になり部活動でうまくいかなかったときに、自分を前向きにしてくれた。そして、これからも自分を支えていく宝物の物語になるだろうという内容です。気持ちを込めて、堂々と思いを語りました。

 結果は、見事3位!!

 11月28日~30日に東京で開催される全国大会への切符をつかみ取りました。

 一緒に同行してくれたご家族、仲間や先生と共に、喜びを分かち合いました!

 愛媛県の代表として、全国の舞台でさらなる力を発揮できるように練習に励みます。

 応援よろしくお願いします。

【男子卓球部】新人戦報告

10月2日と3日の2日間、新居浜市新人体育大会が開催されました。
男子卓球部は、泉川中学校で団体戦と個人戦を行いました。

団体戦ではチーム全員が大きな声で応援をし、一球一球に注力して試合に臨みましたが、予選リーグ敗退という悔しい結果となりました。

個人戦では、団体戦を通して学んだことを生かし、全員が自分のベストを尽くす試合を行うことができました。

県大会に出場することはできませんでしたが、どの試合も最後の一球まで消して諦めることなく戦い抜くことができました。

応援してくださった皆様、ありがとうございました。
ここからまた、新たな挑戦へ向けてスタートします。

 

【女子卓球部】新人戦報告

新居浜市新人体育大会が行われました。
女子卓球部は、角野中学校で団体戦と個人戦を行いました。

団体戦では、全員がチームの勝利のために一人一人が全力で戦いました。
最後の5番手に勝敗が委ねられる接戦もありましたが、
残念ながら勝利を得ることができず、悔しい結果となりました。


個人戦では、団体戦の悔しさを胸に気持ちを新たにがんばりました。
県大会に出場することはできませんでしたが、
どの試合も粘り強く戦い抜くことができました。

応援してくださった皆様、ありがとうございました。
明日から再スタートを切って、練習を始めます。

集団宿泊活動(大洲青少年交流の家)3日目

最終日は、朝からあいにくの雨となりました。
朝のつどいを終え、退所に備えて、全員で浴室やトレイなどを大掃除しました。
みんなが一生懸命に清掃の取り組み、間違いなく「来た時よりも美しく」なっていました。

 

この日の午前は、交流の家を出て、肱川上流の「風の博物館」に行きました。
「西日本豪雨災害に学ぶ」ということで、風の博物館の職員の方で野村町で被災された方から豪雨災害のときの状況や感じていることなどを伺うことができました。

博物館に向かう道中には、肱川の氾濫による爪痕がいたるところに残っていました。
1階部分が骨組みしか残っていない住宅や、大きな橋が流され川底に沈んでいる様子、高校のグランドに災害廃棄物の残骸が残っていたり、道路が波打つように変形し、崩れていたりする現場を実際に自分の目で確認して、生徒は自然災害の大きさを感じていました。


「風の博物館」では、野村町や肱川の写真とともに当時の様子を語っていただきました。家族を助けに行くときの話や水位が上がってくるときの恐ろしさ、そして苦しい中でも復興に向けて歩み始めていることなどをじっくりと聞かせていただきました。


実際に災害を経験されている方の声に、生徒は真剣に耳を傾け、ときには自分の感じた疑問について質問しながら、この災害を様々な角度から考えることができていました。
さて、我々ができること、すべきこととは何なのでしょうか。学びは続きます。

 


交流の家に戻った生徒は、退所式を終えて、所員の方にお礼を伝え、
中学校へと無事に帰りました。


豪雨災害により、7月から9月に延期された集団宿泊活動でしたが、
3日間の充実した活動を通して、仲間との絆がさらに深まりました。
ここで学んだことや絆をこれからの生活に生かしていきましょう。

集団宿泊活動(大洲青少年交流の家)2日目

2日目も天候に恵まれ、午前はウォールクライミング、午後は肱川でのカヌーを体験しました。

クライミングでは、高さという恐怖を乗り越えて、自分の体力、知力、そしてなによりも周りからのサポートの声を頼りに次々と難易度の高いコースに挑戦し、
ゴールにたどり着いたときの達成感は格別でした。

 

 

カヌーは、全員が初めての体験で、じっくりと乗り方や注意事項などを確認した後、
2人一組で重たいカヌーを川辺まで運び、いよいよ水上へと漕ぎ始めました。
最初は、まっすぐ進まなかったり、肩に力が入っていましたが、すぐに慣れてきて、
気持ちのよい風を感じながら楽しくカヌーを漕いでいました。

 

夜のプログラムは座禅体験です。
和尚さんから「自分は何のために生まれてきたのか。」「自分はこれからどう生きていくのか。」と問われ、静かに自分の心と向き合う時間となりました。

中には、警策(けいさく)と呼ばれる棒で、和尚さんから警策をいただき(背中を叩く)、自分に喝を入れている生徒もいました。

 
この日の最後のミーティングでは、9月に誕生日を迎えた仲間をクラスメイトが
歌と踊りでお祝いして一日を締めくくりました。

集団宿泊活動(大洲青少年交流の家)1日目

9月18日(火)~20日(木)の3日間で1年生は、大洲青少年交流の家で
集団宿泊活動を行いました。

初日は、山根公園で出発式を行い、その後大洲に移動しました。

午後のプログラムは、ウォークラリーでクイズの解答を探したり、
大洲の街並みを歩いたりしながら、お互いに声を掛けあいながら楽しく活動しました。

  

  

  

青空の広がる素晴らしい天気の下で約2時間を歩き切りました。

 

夕べのつどいや夕食を終えた後は、天体観測を行いました。
夜もほとんど雲にさえぎられることなく、天体望遠鏡を使って、
様々な種類の星を観察することができました。

  

月のクレーターや土星のリングなどもはっきりと確認でき、
生徒たちは驚きの声を上げながら観察しました。
なかには寝転がって、星空を眺めている生徒もいました。
ライトアップされた大洲城もきれいです。

 

明日はどんな一日が待っているでしょうか。

サイエンスミーティング(総合科学博物館)

愛媛県総合科学博物館にて、サイエンスミーティングが開催されました。

他校の中高生とチームを組み、課題に取り組むというものです。

今年は「サイエンスコミュニケーション」のテーマで、博物館の展示物を紹介する

プレゼンテーションを作り上げることが課題でした。

本校の生徒のチームが最優秀に選ばれました。

愛媛県総合体育大会【バドミントン部】

伊予市民体育館にて、バドミントンの県総体が行われました。

本校佐薙君が出場し、1回戦目は2ー1で勝利しましたが、2回戦目は0−2で惜しくも敗退しました。

声がよく出た、とても良い試合でした。

伊方原子力発電所見学会【中学3年生】

校外学習として、伊方原子力発電所の見学に行きました。

ビジターハウスで説明を受けた後、原子力発電所の構内を見学しました。

(セキュリティーの関係で、写真はありません)

生活に欠かせない電力について、深く学習しました。

【新居浜市中学生弁論大会】第二席受賞!!

新居浜市中学生弁論大会で、本校から出場した3年生の佐薙悠甫さんが
見事に第二席を受賞しました。

学校代表に決まってからこの日まで、悪天候での休校によって
練習時間がなかなか確保できない中でも、地道に練習を積み重ね、
大会本番では、堂々と自分の主張を伝えることができました。

努力の成果ですね、本当におめでとう!

臨時休業日の寮生活

本日も大雨警報が続いております。
昨日の午前中の臨時休業に続き、本日は休業日となりました。

寮生たちは、立志寮で1日を過ごすことになりました。

この日は、全員で集まって自習したり、お互いにわからないことを教えあったり、
寮に来た教師に個別で教えてもらったりしており、いつもとは少し違う
雰囲気の中で落ち着いた生活を送っていました。

<7月4日(午前)の様子【午前中は休業でした】>

<7月5日(木)の様子>

1日も早く天候が回復しますように。

1学期 期末テスト

この日は、1学期の期末テスト最終日となりました。

1年生にとっては、初めてとなる中学校の定期テストです。
目標を達成するために必要なことを考えて、テスト計画を立て、
このテストに向けて準備をしてきました。

 

2年生は、昨年1年間で培った実力をさらに伸ばすべく
新たに始まった寮生活の中で、テスト勉強を進めてきました。

 

3年生は、何といっても受験を視野に入れて臨む大切なテストです。
テスト勉強以外にも学校全体を引っ張る様々な活動を並行して
がんばりながら、この日を迎えました。

 

 

実はこのテストに向けて、環境委員会が全校生徒のテスト対策として、
各教科の先生にインタビューしてまとめたものを掲示物にしてくれました。

テストで成果を上げるためには、ひょっとするとちょっとしたコツを
つかんだり、やり方を変えてみることが大切なのかもしれません。

こうやって試行錯誤することが、また大切な勉強なのですね。


みんながんばれ!!

校内弁論大会

校内弁論大会が行われました。
今年の校内弁論大会は、6名の3年生が弁士として発表しました。
自分の経験をもとに感じたことや主張したいことをまとめ、
連日読みの練習を重ねてこの日を迎えました。

テーマはさまざまで、どれも聴衆の心を動かす力作ばかりでした。

部活動から学んだ努力の大切さを訴える生徒

 

 

趣味を通して得た出会いが新しい刺激となっていると伝える生徒

 

 

中学校生活を通して得た仲間の大切さを訴える生徒

 

 

自分の嫌なところを受け入れ、相手を「認める」ことの大切さを訴える生徒

 

 

祖母の生き方からエネルギーをもらって、前進する生徒

 

 

和太鼓の演奏を通して、感じた文化を継承する意味を訴える生徒

 


この6名の弁士から選ばれた1名が7月10日(火)に開催される
新居浜市中学生弁論大会に別子中学校の代表として出場します。
1席を目指してがんばってください!

【1年生】学習机の天板をいただきました。

本校の1年生のために、学習机の天板を別子木材センター様が
製作してくださいました。

この日、いただいた天板を自分の机に取り付ける作業を行いました。
天板の裏面には、なんと一人一人自分の名前と別子中学校の校章が彫られています。
これには、生徒たちもビックリ!
しかも、この天板は、愛媛県産のヒノキでつくられており、木の香りに多くの
生徒が癒されていました。

 

この机を3年間使って、学習していきます。
この木のぬくもりで、お世話になった人たちのあたたかさを感じながら
それをパワーに変えて、がんばりましょう!

 

卒業時には、3年間使った天板を持って帰ります。

 

大切に使わせていただきます。本当にありがとうございました。

学年弁論大会(1年生)

学年弁論大会を開催しました。


国語の時間を中心に構想表を練り、5分程度の弁論に仕上げたあと、
読む練習を何日も重ねてきました。

 

本番では、直前まで緊張で顔がこわばる生徒もいましたが、
みんなの前に立つとスイッチが入り、緊張を感じさせない堂々とした弁論を
全員が披露しました。

講評にもあったように、全員が自分の想いや主張を伝えたいという熱意を
強く感じられたところが本当に光っていました。


同級生の弁論を聴いた感想の中には、弁論の内容や発表の仕方などから
学ぶ点が多くあり、お互いに大きな刺激を与えていたようでした。

来年はどんな弁論ができるのか、今から楽しみです。
これからも、さまざまな経験を積んでいきましょう!

【男子卓球】新居浜市総合体育大会

6月5・6日、新居浜市総合体育大会が開催され、男子卓球部が出場しました。

開場は泉川中学校体育館。

男子卓球部全員がベストを尽くした熱戦を繰り広げました。

初日は団体戦と個人戦の1回戦が行われました。

 

団体戦は小リーグ制で行われました。

vs大生院中 1-3で惜敗

vs南中   0-3で予選リーグ敗退となりました。

 

しかし、3年生は気合の入ったプレーでチームを鼓舞し、

2年生は戦略とチームワークで公式戦初勝利を飾り

1年生は自分の持ち味を生かしたプレーで勝利まであと僅かと迫るなど

チーム一丸となった素晴らしい試合でした。

 

個人戦が始まると、3年生は団体戦以上に気合の入ったプレーを繰り広げ見事勝利。

1・2年生は惜しくも初戦敗退となりました。

 

全員が一球一球を大切にし、最後まであきらめずに試合に向かい、戦い抜きました。

 

2日目は個人戦2回戦から

3年生は一球入魂の気迫で試合に臨みましたが、一歩及ばず敗退となりました。

 

しかし、これまで培ってきた技術、思いをすべてぶつけ、最後の1点が入るまで勝利を目指して諦めない姿勢は

後輩たちの心にしっかりと引き継がれていくことでしょう。

3年生、お疲れさま。そしてありがとうございました。

1・2年生はこれから、3年生たちの姿や思いを胸に、新しいチームを作っていこう。

別子中学校男子卓球部の伝統はこれから始まるのですから。

 

 

これまで男子卓球部の活動を見守ってくださりありがとうございました。

今後も引き続き応援をよろしくお願いします

 

【立志寮】ALTによる英会話教室

立志寮では、定期的に本校のALT(外国語指導助手)が

寮生のために英会話教室を開いてくれています。

 

今日は、ギターとハーモニカを手にした先生が英語の曲を歌いながら

歌詞の一つ一つを日本語を交えながら紹介していました。

 

 

続いて、ディズニー映画「モンスターズ・ユニバーシティ」(もちろん、英語版!)

を鑑賞し、楽しみながら英語に親しむ時間を提供してくれました。

 

寮生のやわらかい表情と真剣な目がこの時間の雰囲気を物語っていました。

学校・地域 丸ごと清掃プロジェクト 第1弾

「学校・地域 丸ごと清掃プロジェクト」を行いました。

このプロジェクトは、今年度の生徒総会で生徒発案により行われることになった
1年間を通して行われるものです。

第1弾となった今回は、体育館下にある駐車場の大掃除を決行しました。
今週末に予定されている地域イベント「サイクリング in 別子」の際に
この駐車場を利用するということで、おもてなしの一つとして掃除を
しようということになりました。

 

全校生徒が役割分担して、放課後の約1時間を使って、
一心不乱に清掃に取り組みました。
あっという間に見違える姿になりました。

 

天候に恵まれて、サイクリングイベントが無事に実施されることを願っています。

【バドミントン部】新居浜市総合体育大会

3年生男子2名が所属するバドミントン部は今年度で最後となります。

2日目の個人戦シングルスに出場しました。

1名は善戦しましたが惜しくも1回戦敗退。

もう1名は1回戦と2回戦を突破し、見事県総体への出場を決めました。

7月23日(月)に伊予市民体育館で県総体が行われます。

  

  

【女子卓球部】市総体

女子卓球部が新居浜市総合体育大会に出場しました。
結果は、
 団体戦:1回戦惜敗(対泉川中)
 個人戦:8名中2名が初戦を突破した後、2回戦惜敗
     6名が1回戦惜敗
となりました。

団体戦では、最後の5番手まで試合がもつれ込み、大接戦となりましたが、
あと一歩力及ばず、敗戦となりました。
最後まで自分の力を出し切ろうとする姿に選手たちの想いが伝わってくるような
試合でした。

 

個人戦では、1年生も出場し、部員8名全員が出場しました。
3年生は、団体戦の悔しさをエネルギーに変え、2名とも1回戦を見事突破!
約2年積み上げてきた得意のショットをいくつも決めることができました。

 

2年生は、接戦に持ち込む試合展開になりましたが、思うような結果が
得られず大変悔しい試合となりました。
この経験をバネに1年間やり抜かなければと決意を新たにしていました。

 

1年生は、総体というプレッシャーに緊張を感じながらも、
試合を通して、成長する姿が見られ、これからに十分期待がもてる試合をしました。

 

本日の結果により、3年生はこれが中学生として最後の大会になってしまいました。
最後のミーティングでは、3年生から後輩たちにメッセージが送られました。
「はじめは運動自体が苦手で、卓球も無理だと思っていたけれど、
 努力を続けることで、卓球が好きになってきた。卓球をやってよかった。」
「勝てない時期が続いて、あきらめそうになったこともあったけど、
 それでも続けてきてよかった。みんなもあきらめずに続けていってほしい。」

 

3年生からは、プレーはもちろん、プレー以外の行動でもチームを引っ張って
いってくれました。ありがとう。お疲れ様。
これからは、新チームとなって再スタートを切りますが、
3年生の想いを引き継いだ1,2年生がこれから新しい挑戦を始めていきます。

これまで応援して下さったみなさま、本当にありがとうございました。
引き続き、別子中女子卓球部へのご声援よろしくお願いします。

5月31日 市総体決起集会

本日の中学校の市総体決起集会が本校体育館で行われました。
来週の市総体に出場する卓球部(男女)、バドミントン部が力強い決意発表を行い、
チーム別子中として一丸になって市総体への士気を高めました。

 

各部の決意発表があった後、3人のキャプテンが選手宣誓を行いました。

男女卓球部は、13年ぶりに団体戦のメンバーがそろい、個人戦だけでなく、
団体戦としても勝利を挙げることを目指しています。

 

バドミントン部は、部としてもこの総体が最後の活動となりますが、
悔いのない勝負をして、有終の美を飾ろうとしています。


選手宣誓では、「あいさつで勝ち」「マナーで勝ち」「競技で勝つ」をモットーに
別子中学校の新時代を切り拓くと力強く宣言してくれました。

その後、校長先生から激励の言葉をいただきました。

総体が最後の大会となる3年生の気持ちを後輩たちは再確認し、
今日からまた熱のこもった練習が始まっています。

 

市総体の予定は、
6月5日、6日に男子卓球部が泉川中学校、女子卓球部が角野中学校、
6月6日にバドミントン部が東中学校
で試合を行います。

皆さま、ご声援のほどよろしくお願いします。

 

平成30年度生徒総会

5月29日 別子中学校の新体制において初の生徒総会が開催されました。

3学年がそろい、生徒会活動も活性化していきます。

生徒全員で今年度の方針を定め、全校一致で活動するために様々な議題を取り上げ

活発に意見を交換しました。

主な議題は2つ

一つは生徒会スローガンの決定。

各クラスで意見を出し合い、3つの候補に絞った後に投票。

今年度は

「Shine Out ~輝け個性 磨け才能~」に決定しました。

「Shine Out」とは才能や個性が光っているという意味の表現。少人数だからこそ際立つ個性や才能を生かしていく。そして一人ひとりの個性が生き生きとしている学校にしたい。という思いが込められています。

そしてもう一つの議題は

『学校・地域 丸ごと清掃プロジェクト』

プロジェクトの内容は

 ●学校行事や地域行事で使う場所を事前に清掃しておく。片付けもきれいに行う。

 ●学校や地域の施設を清掃・整備し、地元の方と交流を深める。  の2点

実際にどんなところを清掃するのか、具体的な案を出し、賛成・反対それぞれの立場から自分の意見を伝えあいました。

 

 

2年生 新聞作成活動

6,7時間目の総合的な学習の時間に、ふるさと学習のまとめとして、新聞作成を行いました。

先週、愛媛新聞社の新聞づくり体験の講座で教えていただいた新聞の作り方や構成を参考にしながら、自分たちが調べてきたことを取り入れ、良い新聞にしようと頑張りました。多くの人に別子の魅力が伝わるように、工夫しています。

完成が楽しみです。

 

 

4月9日入寮式を行いました。

立志寮にて入寮式を行いました。

2,3年生は昨日より寮生活が始まっていましたが、

1年生は今日から始まります。

待望の寮生活です。協力してがんばりましょう。