カテゴリ:中学校

【中2】修学旅行(番外編:京都大学 iCeMS)

修学旅行3日目に訪れた京都大学の

「物質ー細胞統合システム拠点(iCeMS:アイセムス)」での
活動の様子を紹介します。

まずは、iCeMSや京都大学での学びについて説明をいただきました。
ここでは、ノーベル賞候補にも名前が挙がっている拠点長からのビデオメッセージもいただきました。

 

そして、途中から英語を使って、「Zoom」というゲームを行いました。
みんな言いたいことを何とか伝えようと必死になって、対話しながら課題解決を目指しました。

ニュージーランド出身の数学者とランチをとりながら、ここでも英語で交流しました。
数学が苦手な生徒は、数学の勉強の仕方について質問し、勉強法のヒントを得ていました。

続いて、施設内見学です。
顕微鏡を使って、肉眼では“点”にしか見えないものに、葛飾北斎の絵が描かれているものを見たり、
FACSという、細胞を目的に応じて分類して取り出す装置の説明をしていただいたりしました。
まさに驚きの連続です。


その後、ショウジョウバエを使った研究をしている研究者のラボを訪ねました。
なんとラボにいるショウジョウバエの数は、約5万匹!
生徒たちは、ショウジョウバエを顕微鏡で観察して、雄と雌の違いや特徴の違いを見つけ出していました。


研究者のショウジョウバエに対する深い愛情を子どもたちなりに感じていて、
みんな笑顔になっていました。

 

最後は、「樋口雅一先生による早押しクイズ大会」です。
樋口先生といえば、テレビ放送された「チコちゃんに叱られる!」にユニークなメガネをかけて
出演した先生で、クイズ大会も大変ユニークなものになりました。
クイズは、世界を動かしているおもしろい人物や、大学での学び、そして、これからの未来に
関するものが出題されました。

なによりルールがユニークで、“正解”よりも“おもしろい解答”の方が得点が高くなります。
みんな、頭を柔らかくして、斬新な発想で、おもしろい解答を連発し、大きく盛り上がりました。


また、樋口先生が伝えてくれた「知行合一」という言葉や、今の若者に期待しているというメッセージは、
生徒たちの心を揺さぶっていました。

帰りのバスで生徒の一人は、「今まで正解ばかりを求めていたけれど、自由に考えて、
発想するというのでいいんだと思えるようになって、考え方が変わりました。」と感想を言っており、
大変刺激的な時間となりました。

学ぶことっておもしろいことですね!
改めて、京都大学iCeMSの方々にお礼申し上げます。
ありがとうございました。

【中2】修学旅行(3日目)

修学旅行も最終日となりました。
雨が降ったりやんだりする一日となりましたが、予定通りの活動を行うことができました。

朝は、2日間お世話になった宿泊施設ともお別れです。
楽しい交流の時間もあって、充実した時を過ごすことができました。

 

午前は、太秦映画村に行きました。
お化け屋敷では、恐怖におびえる生徒や笑顔で帰ってくる生徒がいて、
どちらにとっても思い出に残るものになったと思います。

また、役者による立ち回りを見て、チャンバラ体験などもしました。


午後は、京都大学の「物質ー細胞統合システム拠点(iCeMS:アイセムス)」という
研究所を訪れました。
この研究所では、様々な国籍や専門分野もつ研究者が集まり、
新しいアイデアを出しながら基礎研究を行う世界トップレベルの研究機関です。
(内容が濃密だったので、後日詳細版をホームページにアップします。)

ここでは、京都大学の学びや、iCeMSの特徴についての話を聞き、
英語を使いながらゲームを行いました。


その後、ニュージーランドの数学の研究者とランチを囲み、
英語を使って交流しました。

昼食後、施設内を見学させていただき、世界最先端の研究の現場を体感することができました。

さらには、生物物理学の研究者のラボにお邪魔させていただきました。

最後は、「早押しクイズ大会」です。
今の子どもたち世代が知っておくべきことや世界のこと、未来のことなど、
様々な角度からユニークなクイズが出題され大盛り上がりでした。

 修学旅行最後は、京都大学の時計台に行き、みんなで集合写真を撮って、新居浜へ帰りました。


解散式では、お世話になった添乗員さんやドライバーさんともお別れし、
保護者に見守られながら、思い出をかみしめるように旅を振り返りました。

よき出会いの多かった修学旅行でした。
生徒のみんなが笑顔で明るく、だれに対しても気持ちの良い振る舞いができたからこそ生まれた
旅の縁だったのだと思います。

これからのみんなの成長がさらに楽しみです。
この3日間で得た学びを今後の人生に生かすことを期待しています。

【中2】修学旅行(2日目)

中学2年生の修学旅行は、2日目を迎えました。
この日は、初日にも増して好天に恵まれ、暑さを感じるほどでした。
2日目はバス研修で、京都市内の文化遺産等の見学を現地ガイドさんと
ともに行いました。

 

まずは、清水寺からスタートです。
清水の舞台からの景色を楽しんだり、京都市内を一望したりしました。

次に東福寺です。
東福寺は、今年の春に行われたG20サミットで各国首脳の夫人たちが
訪れた寺で、
生徒たちは、その夫人たちが眺めた景色を味わっていました。

そして、予定にはありませんでしたが、晴明神社に立ち寄り、
おみくじを引いて、
みんなで盛り上がりました。

続いて、訪れた二条城では、ガイドさんから歴史に関する詳しい話を聞き、
江戸時代の人々の姿に思いをはせていました。

金閣寺では、そのきらびやかな輝きと趣のある庭を味わっていました。
そして、お世話になったガイドさんともお別れです。

華厳寺(鈴虫寺)では、住職の説法を聞かせていただきました。
説法は笑いのある楽しいお話から、生き方について考えさせられる深いお話まで、
生徒たちは、住職の話に引き込まれていました。

2日目の日程もみんな元気に終えることができ、この修学旅行も残すところ
あと1日となりました。
明日もさらに充実した1日になるといいですね。

高円宮杯第71回全日本中学校英語弁論大会愛媛県大会

高円宮杯愛媛県大会に、本校から3年生が代表として参加しました。

これまで練習してきた成果をすべて出し切った、感動的なスピーチを披露しました。

ステージに上がるときの姿勢や礼に気を付けたり、ALTの先生と粘り強く発音や
リズムに気を付けたりしながら練習したことが十分に出ていたスピーチでした。

松山まで応援に来てくれた仲間もいました。

本当におつかれさまでした。

【中2】修学旅行(1日目)

本日から3日間、中学2年生は、奈良・京都方面に修学旅行に行っています。
この日は、天候にも恵まれ、一日の予定を無事に終えることができました。


朝の出発式では、保護者の方に見守られながら、みんなわくわくした表情で
参加していました。

 

最初の見学地は、法隆寺です。
現地のガイドさんの案内を受けながら、生徒たちは、メモを取ったり、
質問をしたりしながら、
これまでの歴史学習での知識と関連させながら
学びを深めていきました。


それにしてもガイドさんの知識の豊富さに、みんな驚かされていました。

 

2つ目の見学地は、奈良公園、東大寺でした。
奈良公園では、鹿と観光客の多さに驚きながらも金剛力士像や
大仏の迫力に目を輝かせていました。

最後は、みんなでおみくじを引いたり、お土産を買ったりしながら、
自由な時間を過ごしました。

中には、果敢にも外国人観光客に英語を使ってインタビューを試みる生徒もおり、
英語を通して思いが伝わった時には、お互いに笑顔になっていました。

 

その後、京都の宿泊施設に移動し、夕食後、宿泊所主催の交流会に参加しました。
台湾のお茶と日本茶を飲み比べたりしながら、講師の方と楽しい交流を行いました。


非常に中身の濃い一日目が終わりました。
また明日もよい一日になりますように。

ものづくり体験講座(第2回)

本日、中学校の全校生徒は、「ものづくり体験講座」を受講しました。
この講座は、新居浜市の委託事業として行っている
「ものづくり人材育成推進業務」の一つとして行われているものです。

今日が第2回目の講座でした。(全7回)
今日は「ものづくりについて」という内容で、
元 住友重機械工業株式会社で、新居浜ものづくりマイスターに認定されている
近藤美喜男先生を講師としてお話をしていただきました。

これまで行ってきた仕事内容についての説明や、多くの海外出張の経験を通して感じたこと、
さらには会社人生で得た教訓など、実体験に基づくお話で生たちは、身を乗り出して聞き入っていました。
講師の先生方、ありがとうございました。


今後も様々な経験や技術をもった方々から学ぶ機会があります。
次回も楽しみですね。

和太鼓演奏集団「黒森会」来校

昨年度に引き続き、今年も「黒森会」に和太鼓の指導をしていただきました。

別子小・中学校では、3年前から「新居浜勇太鼓」を演奏しています。

新チームでの演奏はどんな演奏になるでしょうか?

これから2か月かけて、練習を重ねていきます。

ものづくり体験講座

本日、中学校の全校生徒は、「ものづくり体験講座」を受講しました。
この講座は、新居浜市の委託事業として行っている
「ものづくり人材育成推進業務」の一つとして行われているものです。

今日が第1回目の講座でした。(全7回)
今日は「新居浜ものづくり産業の歴史」という内容で、
愛媛県総合科学博物館の吉村久美子先生を講師としてお話をしていただきました。

お話の中には、別子銅山が多く出てきており、これまでのふるさと学習で学んだことからさらに学びが深くなっているようでした。

今後の「ものづくり体験講座」では、新居浜ものづくりマイスターの方の
お話を聞く機会もあり、大変楽しみです。


また、今日で2学期の最初の週が無事に終わり、寮生たちは元気に
バスに乗って、帰省しました。
来週もみんなで元気にがんばりましょう!

にいはまSDGsアート・フェスティバル表彰式

8月31日(土)にあかがねミュージアムにて
「にいはまSDGsアート・フェスティバル2019」の表彰式が行われました。

本校からは、2年生の2名が映像部門で「あかがね賞(市長賞)」と
「鷲尾勘解治賞(特別賞)」を受賞しました。

当日は、絵画部門も含めて多くの児童・生徒が表彰式に出席しており、盛大な式典となっていました。
なかには、海外からの作品も数多くありました。
(※作品については、「にいはまSDGsアート・フェスティバル」のホームページから
ご覧いただけます。)

生徒の作成した映像は、SDGs17の目標のうちの1つずつを取り上げ、
自分なりのイメージをストーリーにして、3分程度に編集した作品です。

映像づくりは初めてで苦労したことも多かったですが、こうして賞をいただけ、
生徒たちも嬉しそうにしていました。

別子中の特徴であるタブレット端末を有効に活用できたことと、
みんなの協力があってこその受賞でしたね。

2名の生徒の皆さん、本当におめでとう!

今後もSDGsを推進していく活動を広げていきましょう。

第7回科学の甲子園ジュニア 愛媛県大会

8月30日(土)

愛媛県生涯学習センターで「科学の甲子園ジュニア愛媛県大会」が行われました。

本校からは中学1、2年生2チーム5名が参加しました。

筆記競技と実技競技を行い、総合得点により順位が決まります。

本校は惜しくも3位と18位でした。

高校生の研究発表や愛媛大学教授の講演もあり、

生徒は楽しくも勉強になった一日でした。

アメリカ訪問団 壮行会

新居浜市中学生国際交流事業アメリカ訪問団の壮行会が行われました。

本校からは3名が参加します。

今月22日から31日まで、アメリカのウィスコンシン州を訪れます。

本場の英語をじっくりと味わってきてください。

水泳の授業が始まりました

別子山市民プールで水泳の授業が始まりました。

別子小学校・中学校は学校にプールがありませんが、

すぐ近くに別子山市民プールがあり、夏休み直前までは学校が借りています。

標高が高く、水温・気温ともに低いので、かなり冷たいようです。

ちなみに、夏休みは市民プールとして無料で開放されています。

人も少なく、気温も涼しいですよ。夏休みにいかがですか?

【中2】職場体験学習(最終日)

5日間の職場体験学習もついに最終日を迎えました。

この5日間で、人と一緒に働くということ、そして社会に役に立つということが
どういうことなのかをみんな考えることができたのではないでしょうか。

最後の一日では、みんなが懸命に働く姿がとてもすがすがしかったです。
充実感や名残惜しい気持ちが芽生えたのは、みんなが全力でがんばったからだけではなく、
ご指導くださった各事業所の方々がみんなのことを大切に思って接してくれたから
なのだと思います。
これが社会のつながりなんですね。


ここで学んだことをこれからの自分の人生設計に生かして、
また来週からみんなで一緒に進んでいきましょう。

【中2】職場体験学習(4日目)

「えひめジョブチャレンジ(職場体験学習)」も後半に突入しました。
5日間を1つの職場で活動する生徒もいれば、職場を変えて新たなチャレンジを
する生徒もいます。
どちらの生徒も自分だけの経験を通して、「働くとは?」「社会人とは?」などの
問いに向かっています。

明日で職場体験学習は最終日を迎えます。
始めは緊張の一日だったものが、最後の一日では名残惜しい気持ちも
湧いてくるかもしれません。

「やりきった」という感動とともに、感謝の気持ちを表すことで、
人とのつながりの大切さを感じてきてほしいですね。

【中2】職場体験学習(3日目)

えひめジョブチャレンジ(職場体験学習)」も5日間のうちの3日目を終えました。
少しずつ職場にも慣れてきたことで、生徒たちにも柔らかい表情が多くなってきました。

また、事業所の方々やお客様など、仕事を通して多くの人との交流も
経験させてもらっています。本当にありがたいことです。
体験を通して得られることは一生モノです。
チャレンジ&エラーを繰り返しながら、やりがいを見つけてほしいです。

 

職場体験学習もあと2日!
悔いのないように、今の自分のできることを一所懸命にやりきりましょう。

大洲青少年交流の家 2日目【中学1年】

残念ながら肱川の水量が多く、カヌーはできませんでしたが、

1年生はどの活動も全力で楽しんでいました。

 

クライミングウォールは難しい壁にも積極的に何度も挑戦しました。

 

キンボールというスポーツ体験では大三島中学校に混ぜてもらい、

一緒に活動しました。

夜雨が降っていたので、ホールで夕べのつどいを行いました。

 

夜は天体観測でしたが、雨のため星に関するお話を聞きました。

明日はいよいよ最終日です。

最後まで全力で活動します!

大洲青少年交流の家【中学1年】

中学校1年生は、集団宿泊活動として大洲青少年交流の家に来ています。

天候が心配されましたが、本日1日目は予定通りの活動を行うことができました。

明日はクライミングウォールとカヌーですが、カヌーは肱川が増水してるため難しそうです。

【中2】職場体験学習(初日)

7月1日から5日間の日程で本校の2年生が職場体験学習に取り組んでいます。
「えひめジョブチャレンジU-15」という名称となり、5日間に拡大された職場体験学習ですが、
この体験を通して、生徒たちが新たな自分を発見したり、生き方について
考えたりすることを目指しています。

 

初日の今日は、職場に入らせていただくということで、多くの生徒が
はじめは緊張した面持ちで活動していましたが、少しずつ慣れてきて、
多くのことを吸収しているようでした。

明日も元気に出勤しましょう!がんばれ、みんな!!

【中学校】期末テスト(1学期)

本日から中学校では、期末テストが始まりました。

1学期の学習を振り返って、何日もテスト勉強に力を注いできた生徒たちは、
1時間目から真剣な表情で取り組んでいました。

テストは今日から3日間の日程で行われます。
がんばってきた努力が発揮できるようにみんながんばれ!

校内弁論大会

6月19日に校内弁論大会を行いました。
先週の学年弁論大会で決まった各学年の代表者6名が、自分の主張を作文にして
全校生徒、教職員の前で堂々と発表を行いました。


どの弁士も自分の体験をもとに気づいたことや深めた考えを力強く主張し、
聴衆を惹きつけるような表現力も発揮できていました。

また、それを支える司会者や聴衆の態度も素晴らしく、
厳粛な雰囲気の素晴らしい弁論大会となりました。


この弁論大会で最優秀となった弁士は、7月11日(木)に行われる
第53回新居浜市中学生弁論大会に別子中学校代表として出場します。
これから、原稿の見直しや発表の練習を重ねるなどの準備をしていきます。

別子小・中学校のみんなで応援しています!

 

 

【中学2年】マナー講座(職場体験学習)

この日は、7月1日から行う職場体験学習に向けて、外部から講師の先生を
お招きして、本校2年生を対象にビジネスマナー講座を実施しました。

これまで知らなかったビジネスマナーの基本から、笑顔や姿勢のつくり方まで
体験を通して学ぶことができました。


職場体験学習を心待ちにしている2年生にとって、このマナー講座で
知り得たことや体験したことを職場でも生かしてくれることと思います。

これから職場へ挨拶のお電話をしたり、事前訪問を行ったりしながら準備を進めていきます。
緊張することも多いと思いますが、いずれはみんな社会へと出ていきます。

多くのことを得られる5日間にしてほしいです。

別子山産木材を使った天板

別子中学校では、机の天板を別子山産木材で作ってもらっています。

中学校新1年生の天板を新しいものに取り換えました。

裏には自分の名前と校章がレーザー印字されています。

3年間大切に使いましょう。

【中学校】授業参観

6月9日のプール清掃の後に、小・中学校で授業参観を行いました。
各クラスで、様々な教科の授業が行われ、プール清掃後にもかかわらず、
生徒たちは、元気に授業に取り組んでいました。

 

市総体決起集会

市総体の決起集会を行いました。

3年生はいよいよ部活動の締めくくりの大会です。

練習の成果をすべて出し切りましょう。

<男子> 泉川中学校体育館

6月5日 団体戦

6月6日 個人戦(シングルス、ダブルス)

<女子> 角野中学校体育館

6月5日 団体戦、個人戦(シングルス、ダブルス)

6月6日 個人戦(ベスト8決めより)

【中学3年 社会科】タブレットの活用

本校では、全校生徒一人一人にタブレット端末が貸与されています。
生徒は、このタブレットを学習活動や生徒会活動等に使用し、
文書作成や表計算、プレゼンテーション資料づくりなど様々なことに
活用しています。

今回は、中学3年生社会科の授業でタブレットを使用しました。
授業のテーマは、「地域紛争の解決について考える」です
授業で学んできた知識に加え、さらに詳しい内容をインターネットを
使って調べます。
最新の情報も参考にしながら生徒たちは、自分の考えをまとめていきました。

中学3年生になると、タブレットの使い方にも慣れ、
自分の知りたいことや表現したいことをまとめることも上手になっています。
社会に役立つ実践力にもつながっていますね。

生徒総会

生徒総会を行いました。

生徒会スローガンを投票で選び、別子小学校・別子中学校をより良くするための話し合いを行いました。

今年度は「学校・地域 丸ごと清掃プロジェクトの活発化」と、

「別子山地域マップの作成」について話し合いました。

実現に向けてがんばっていきましょう。

 

<令和元年度 生徒会スローガン>

「Colors ~手をとりあってつくるキャンバス~」

【中2】ふるさと登山ガイド準備

ふるさと学習(親子登山)が、週末の日曜日(19日)に迫ってきました。
その日は、日浦登山口から銅山越を目指して、別子小・中学校の児童生徒と
保護者のみなさんで、別子銅山の産業遺産を巡りながら登山を行います。

その登山では、中学2年生の生徒がガイド役となり、産業遺産についての
説明を行っていきます。
現在、そのガイドの準備にみんなで力を合わせて取り組んでいます。


この授業では、ガイドのリハーサルを兼ねて一緒に登山してくださる
ゲストティーチャーをお招きし、ガイドのポイントについて
アドバイスをいただくことができました。

先輩たちから引き継いだ情報やゲストティーチャーからの新しい情報を
もとに最後の仕上げに取り掛かっています。
今回は、持続可能な社会を実現するための目標であるSDGsというものも
取り入れながらガイドを行っていく予定ですので、
その勉強にも力が入っています。

SDGs(持続可能な開発のための17の目標)

 当日は、晴天に恵まれるといいですね。
さぁ、登山の日まで、あと3日!

【中学校】音楽・美術の授業

本校は、少人数ですが技能教科にもみんな意欲的に
取り組んでいます。
今日は、その様子を紹介します。

<3年生 音楽>

「荒城の月」を歌っています。
現代語訳を読み取りながら、みんなが声と気持ちを合わせて
取り組んでいます。
その後、木琴を演奏する練習も行いました。


<1年生 美術>
入学して、新しく準備したデザインセットを開けて、
道具の種類や用途、色づかいの説明などを真剣に学んでいました。

 

これからもこうした学習を通して、感性を磨き続けていきます。
秋の文化祭では、こうした技能教科の作品を披露する場もあります。
早くもそれが楽しみになってきます。

【中】学級活動(生徒総会に向けて)

この日は、5月28日(火)の生徒総会に向けて、
各学級で学級活動を行いました。

今年度の「生徒会スローガン」を各個人で考えた案を基に
学級委員が司会となり、学級の案を作り上げていきました。

また、「学校と地域との交流について」の活動内容を話し合いながら、
考えていきました。

どの学級も活発な意見交換があり、それぞれ思いが詰まった
案ができあがりました。
28日の生徒総会がとても楽しみです。

 

今日は金曜日、寮生たちはこの日も元気にバスで自宅へと戻っていきました。
日中は温かく、別子にも気持ちのよい春がやってきています。

【中2生】ミニトマトづくり(その1)

今日の作業では、ポリポットからミニトマトの苗を校庭内の畑に植えかえました。
生徒たちは、自分たちで畑を耕し、畝をつくったところにその苗を植え、
水やりまで行いました。

これからは、「脇芽摘み(余分に出ている芽をつんでおくこと)」や
「支柱立て」を行いながら、育てていきます。
成長の様子を観察・記録し、7月には、大きくて甘いミニトマトを
収穫する予定です。

別子の豊かな自然の中で植物を育てていく楽しさを味わいながら、
収穫の時を楽しみにしていきましょう。

交通安全教室

別子山駐在所長さんと交通指導員の方々をお招きして、

小学生児童と中学一年生、2組生徒を対象に

交通安全教室を開催しました。

横断歩道や踏切の渡り方や、自転車走行のルールを教わり、

中学生や小学2・3年生は実際に道路に見立てたコースを

自転車で走ってみました。

自転車で走りながら、安全確認をすることが大切だということが分かりました。

皆が安全安心に生活するために、正しいルールを覚え、

学んだことを生かしてください。

 

閉会式では、代表者が「交通安全に気をつけて生活したい」と述べました。

自分を守るためにも、周囲の人を守るためにも

ルールを守って生活していきましょう。

【総合的な学習の時間】中3生が2年生に登山ガイド指導

来月の5月19日に「ふるさと学習」の一環として銅山峰の親子登山を
計画しています。

毎年恒例の行事ですが、2年生が1年生やその保護者の方々に
別子銅山の産業遺産を中心にガイドをします。

今日は、2年生がガイドの準備をしていくにあたり、
昨年ガイドを経験した3年生に産業遺産の内容やガイドのポイントについて
教えてもらいました。

 3年生は、昨年の経験を生かして、マンツーマンで指導を行い、
2年生の準備をサポートしました。
みんな真剣な表情で取り組んでいましたね。

ここから1か月の間、ガイドの準備を進め、当日は別子の魅力を
参加者にお伝えできるようにがんばっていきます!