カテゴリ:中学校

【中2】ふるさと登山ガイド準備

ふるさと学習(親子登山)が、週末の日曜日(19日)に迫ってきました。
その日は、日浦登山口から銅山越を目指して、別子小・中学校の児童生徒と
保護者のみなさんで、別子銅山の産業遺産を巡りながら登山を行います。

その登山では、中学2年生の生徒がガイド役となり、産業遺産についての
説明を行っていきます。
現在、そのガイドの準備にみんなで力を合わせて取り組んでいます。


この授業では、ガイドのリハーサルを兼ねて一緒に登山してくださる
ゲストティーチャーをお招きし、ガイドのポイントについて
アドバイスをいただくことができました。

先輩たちから引き継いだ情報やゲストティーチャーからの新しい情報を
もとに最後の仕上げに取り掛かっています。
今回は、持続可能な社会を実現するための目標であるSDGsというものも
取り入れながらガイドを行っていく予定ですので、
その勉強にも力が入っています。

SDGs(持続可能な開発のための17の目標)

 当日は、晴天に恵まれるといいですね。
さぁ、登山の日まで、あと3日!

【中学校】音楽・美術の授業

本校は、少人数ですが技能教科にもみんな意欲的に
取り組んでいます。
今日は、その様子を紹介します。

<3年生 音楽>

「荒城の月」を歌っています。
現代語訳を読み取りながら、みんなが声と気持ちを合わせて
取り組んでいます。
その後、木琴を演奏する練習も行いました。


<1年生 美術>
入学して、新しく準備したデザインセットを開けて、
道具の種類や用途、色づかいの説明などを真剣に学んでいました。

 

これからもこうした学習を通して、感性を磨き続けていきます。
秋の文化祭では、こうした技能教科の作品を披露する場もあります。
早くもそれが楽しみになってきます。

【中】学級活動(生徒総会に向けて)

この日は、5月28日(火)の生徒総会に向けて、
各学級で学級活動を行いました。

今年度の「生徒会スローガン」を各個人で考えた案を基に
学級委員が司会となり、学級の案を作り上げていきました。

また、「学校と地域との交流について」の活動内容を話し合いながら、
考えていきました。

どの学級も活発な意見交換があり、それぞれ思いが詰まった
案ができあがりました。
28日の生徒総会がとても楽しみです。

 

今日は金曜日、寮生たちはこの日も元気にバスで自宅へと戻っていきました。
日中は温かく、別子にも気持ちのよい春がやってきています。

【中2生】ミニトマトづくり(その1)

今日の作業では、ポリポットからミニトマトの苗を校庭内の畑に植えかえました。
生徒たちは、自分たちで畑を耕し、畝をつくったところにその苗を植え、
水やりまで行いました。

これからは、「脇芽摘み(余分に出ている芽をつんでおくこと)」や
「支柱立て」を行いながら、育てていきます。
成長の様子を観察・記録し、7月には、大きくて甘いミニトマトを
収穫する予定です。

別子の豊かな自然の中で植物を育てていく楽しさを味わいながら、
収穫の時を楽しみにしていきましょう。

交通安全教室

別子山駐在所長さんと交通指導員の方々をお招きして、

小学生児童と中学一年生、2組生徒を対象に

交通安全教室を開催しました。

横断歩道や踏切の渡り方や、自転車走行のルールを教わり、

中学生や小学2・3年生は実際に道路に見立てたコースを

自転車で走ってみました。

自転車で走りながら、安全確認をすることが大切だということが分かりました。

皆が安全安心に生活するために、正しいルールを覚え、

学んだことを生かしてください。

 

閉会式では、代表者が「交通安全に気をつけて生活したい」と述べました。

自分を守るためにも、周囲の人を守るためにも

ルールを守って生活していきましょう。

【総合的な学習の時間】中3生が2年生に登山ガイド指導

来月の5月19日に「ふるさと学習」の一環として銅山峰の親子登山を
計画しています。

毎年恒例の行事ですが、2年生が1年生やその保護者の方々に
別子銅山の産業遺産を中心にガイドをします。

今日は、2年生がガイドの準備をしていくにあたり、
昨年ガイドを経験した3年生に産業遺産の内容やガイドのポイントについて
教えてもらいました。

 3年生は、昨年の経験を生かして、マンツーマンで指導を行い、
2年生の準備をサポートしました。
みんな真剣な表情で取り組んでいましたね。

ここから1か月の間、ガイドの準備を進め、当日は別子の魅力を
参加者にお伝えできるようにがんばっていきます!