メインメニュー
学校紹介
学校評価

新居浜市立別子小・中学校 沿革史

 

 

1887年(明治20年) 別子山村立保土野簡易小学校設立(児童36名、職員3名)

1892年(明治25年) 別子山村立保土野尋常小学校に改称

1904年(明治37年) 校舎新築落成

1916年(大正5年)  小足谷分教場開校(児童33名)

1919年(大正8年)  別子山村立保土野尋常高等小学校に改称(児童100名、分校17名、高等5名)

1925年(大正14年) 別子山村立別子尋常高等小学校に改称、弟地分教場設置

1927年(昭和2年)  弟地分校開校(児童83名)

1941年(昭和16年) 宇摩郡別子国民学校に改称(児童245名、高等56名)

1947年(昭和22年) 宇摩郡別子山村立別子小学校に改称(児童206名)

             同別子中学校創立(生徒49名)

1959年(昭和34年) 弟地分校新築落成(現在別子山支所のある場所)

1961年(昭和36年) 本校校舎落成(児童257名、生徒134名)

1965年(昭和40年) 体育館完成

1966年(昭和41年) 弟地分校を本校に吸収統合(児童164名、生徒100名)

1970年(昭和45年) 中学校特別教室完成

1978年(昭和53年) 別子小学校開校100年記念式典挙行

             タイムカプセル埋設(児童23名、生徒20名)

1998年(平成10年) 開校120年、タイムカプセル開封

2003年(平成15年) 新居浜市立別子小・中学校に改称

2008年(平成20年) 中学校休校

2009年(平成21年) 中学校再開

2010年(平成22年) 耐震強度の不足により小学校校舎を解体

             中学校校舎を補強及び改修し、小中学校校舎として改設

2012年(平成24年) タイムカプセル埋設(2022年1月1日開封)

2013年(平成25年) 中学校休校

2014年(平成26年) 中学校再開

2016年(平成28年) 「別子中学校 学び創生事業」により校区外より5名の生徒を受け入れ、

             英語・理数教育を充実させた「グローバルジュニアハイスクール」開始

2017年(平成29年) 7時間授業開始(中学校)

 

2018年(平成30年) 開校140年

 

教育に対する村民の熱意と感心が深く、山間へき地にありながら、へき地教育の先進校として教育効果を上げてきた。過疎化が進む中、これまでの教育活動を継承し、更に新生の活路「別子中学校 学び創生事業」が始まっている。

 

日記カレンダー
2017年 4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
別子小中学校日記のカテゴリー

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 新居浜市立別子小中学校